2018年4月20日金曜日

アルバイト募集!

アルバイト募集❗️
 
GW期間のみでもかまいません。
 
少しだけ古屋のスタッフになりませんか❗️

2018年4月17日火曜日

楽庵さん

先日、京都の居酒屋割烹「楽庵」の大将がお店に来てくれた。大将はタイガースの大ファンで甲子園の応援の帰りに立ち寄ってくれた。この日はタイガースは8対3の大差の勝利。そやから大将も終始ゴキゲンで、いいちこの水割りのピッチはキレキレのスピード。大将が来られるまではお店も静かなお客さんの入りやったが、大将が暖簾をくぐっていいちこ4杯目くらいからあれよあれよと満席になり、結局4月ナンバーワンの売り上げを記録した。タイガースも勝ち古屋も勝ったわけや。
 
楽庵さんは、烏丸の綾小路にあるが僕は京都の地理が全くわからんから綾小路ゆわれてもサッパリ。だいたい京都の東西南北がわからんから、北や東ゆわれても、なぁ。俺的に楽庵さんの場所を説明したら「大丸から八坂神社見て右に入って歩いたら左手にある」
 
常に予約満席で数週間前に予約しないと席がない。かといって敷居が高いお店ではなく、必ずどなたも楽庵ファンになり、また京都に来たくなるお店なのだ。魚料理はとびきりの鮮度、お野菜は季節を教えてくれ、大将セレクトの冷酒をいただくと、もう家には帰りたくなくなる。京都の夜に抱かれる。美味いアテとサケ。もう、たまらん幸せがそこにある。
 
そんな、京都の名店の大将がこんな僕のお店に来てくれる。
 
今は全て数字で評価されてなにもがわかりやすくなった。点数でお店が決められるが、僕はそれは違うと確信する。
 
僕は、お店の方に「あいつはえーやつですわ」と、言われる男を目指している。また、それに頑張ることが俺を成長させるのだ。
 
この夜、大将に無理を言ってお店の壁にサインしてもらった。
 
これを見て、また俺は頑張れる。
 
 

2018年4月16日月曜日

アルバイト募集!

 
アルバイト募集です
 
とりあえずお電話ください。
 
 
時給950円
交通費500円まで
 
5時〜10時くらいまで。それより遅くなるときアリマス!
 
楽しいと思います!

2018年4月15日日曜日

坂口憲二さん

 
1枚目 ジムに日経新聞があるので「私の履歴書」を読むのが日課になっている。今回は、ジャパネットたかたの高田さんの起業した話を書いてある。これがとても面白いし、経営のヒントがぎっしりと詰まっていて欠かさず読んでいる。
 
2枚目 今年もバルセロナからセバスチャンが遊びに来てくれた。セバスチャンはバルセロナでスパニッシュと日本酒をコラボレーションしたレストランをしていて予約も何ヶ月も取れなくて有名なオーナーシェフ。バケーション作って遊びに来いよ、と言うが、なかなかなぁ。でも、楽しむのも人生というから行ったほうがいーんやろなぁ。そりゃめっちゃ行きたいよ。セバスチャンは、バルセロナで餃子作って売ろうぜ!と言う。6月か9月がベストやと。
 
3枚目 先日、お店の帰りに「もっこす」に行く。僕は「チャーシュー麺、硬麺のチャーシューバラミ」しか注文しない。それとご飯。寝る前にハイカロリー。確かに腹に贅肉がたまってきてきた。ダイエットしたいが、深夜のラーメンには表現できない魅力があるからやめれない。
 
4枚目 坂口憲二さんが引退を決意した。理由は僕と全く同じ大腿骨壊死。部位が違うだけ。不思議と大腿骨壊死の仲間がいる安心感。それに大腿骨壊死が少しでも認知してくれればと。
 
坂口憲二さんに、会いたい。

2018年4月12日木曜日

楽庵さん

三宮の東急オアシスジムの会員やから全国のオアシスに行ける特典がある。540円で。
 
京都の桂川にあるオアシスによく行く。それは、休日はなるだけ神戸から離れたいのと、桂川のオアシスのお風呂が最高やから。サウナはまあまあ広いし水風呂あるし、バスはシルキーバスやしパウダールームは広いし誰にも会わないしゆーことありません。
 
先日のオフは桂川のオアシス行って、大好きな「居酒屋割烹 楽庵」さんで京都の夜を過ごした。
 
楽庵さんは予約で満席やったけど、中村君がなんとか席を作ってくれて「まいど!古屋さん」と一気にゴキゲンモードよ。
 
実は、ジムで運動しながら夜のご飯をどこの暖簾くぐるかスマホで何時間も探したがピンとくるお店が一件も見つからない。また、京都に知り合いが数人しかいないから情報が全くない。で、スマホよ。しかしスマホの情報は僕にはあかなんだわ。まず、評価がウソくさいし、スマホにすぐにあがるお店はきっとお金かけてるやろうな。僕は広告にたくさんお金かけるお店は好きではないなぁ。本物はそんなところで勝負してないと思う。一つ勉強になったわ。でも、今はスマホの時代。あの手この手で勝負せな置いていかれることもある。
 
しかし、京都は平日でも観光の人が山盛りいてた。アジアも白人も。それに比べてわが街神戸は…
 
楽庵の大将とたくさんお話出来て、たくさんのヒントをいただきました。行って良かった。
 
京都に古屋の暖簾をかける。
 
そのためには、一つ一つを積み上げていくしかないのだ。
 
 

2018年4月9日月曜日

兵庫医大

9時にCT(左膝)の撮影のため、早起きする。
 
吉矢教授。
 
11時から診察。
 
右ヒザに水が溜まっており10cc抜きヒアルロン酸注入する。左膝の壊死してた部位がどうやら落ち着き思っているより大丈夫かもしれない。ただ割れた皿の回復がかなり遅いようだ。回復を促すために超音波の当ててみようと。身体は不思議で回復したと思い回復が止まることもあるようだ。痛くはない。
 
とにかく、両膝がよくない。
 
だから、明日はガッツリ体を鍛える。
 
筋力アップとストレッチが最高の治療と信じている。
 
筋力アップは気力も上がり、心身ともに強くなる。血流も良くなる。
 
壊死の部位に関しては、いー方向に進んでいるのは間違いないと思う。

2018年4月6日金曜日

甲子園仲間!

選抜高校野球の準決勝の確か前日やったかな?昨年の夏の甲子園で友達になった三重の材木屋の社長からラインが入り「古屋さん、明日の準決勝行きますけど古屋さんはどないします?米田君も千葉から来ます」と。
 
えー!甲子園の高校野球、見に行きたいなとは思っていたけどなぁ。材木屋の社長の森田さんから誘われたら、これはいっとかんと!しかも千葉から米田くんも駆けつけて来るねんから断る理由があらへんわ。「ありがとうございます!行きますわ!」と、返信した瞬間から、あー明日、甲子園で森田さんや米田君と夏以来の再会が出来ると思うとワクワクはマックスになる。
 
昨年の夏の甲子園。30年以上ぶりに高校野球を見に行きたまたま隣に座って仲良くなり電話番号交換しただけやのに、甲子園仲間になるなんて。めっちゃ嬉しい。しかも、森田さんや米田君は甲子園でもスーパーいい席で見るプロやから徹夜していいシートを確保する。
 
僕は「森田さん、僕は10時頃到着ですわ」「とりあえず、駅に着いたら連絡して」で、甲子園駅に着いたらもうえげつない人が並んでいた。おっさん、甲子園ギャル、少年野球のキッズがユニホーム着て並んでいる。少年野球の子供ってホンマに可愛いわ。竜のユニホーム姿見たら泣いてまうわ。そうこうしてたら森田さんから電話入り「えー席とれましたわ。8号門に来て」チケットもらい球場に入り森田さんにシートまで連れて行ってもらったがなんとバックネット三塁側ベンチ裏やないか。智弁和歌山側。さっそく可愛い売り子ギャルからビールと焼き鳥買い乾杯する。おー古さんもおるやないか!古さんは、履正社の野球部出身。ガチの高校野球のOB。甲子園と高校野球を知りつくしている。そやから野球観戦しながら解説付きやったから何倍も楽しかった。
 
大の大人が4人並んで高校野球見て。僕なんか高校野球に関してはスーパービギナーやのに。
 
えーおっさんがライングループ作って仲良しになる。オモロイわ。
 
僕は智弁和歌山と東海大の試合見て帰った。竜に会わなあかんから。
 
その夜から4人でラインしまくり。
 
みんなありがとう!
 
夏に再会やわ!

2018年4月1日日曜日

感謝しかない

50も過ぎればいろんなことを背負って生きていると思う。いや、50過ぎだからだろうか?小学生でも高校生でも20代、30代、40代、それぞれに悩みや困難や家族、友人関係、仕事、金、一筋縄では生きてはいけない人がほとんどやと思う。当たり前やけどある程度歳を重ねたら1番の悩みは金やと思う。金さえ山ほどあればほぼトラブルが解消されるかもしれない。けど、それだけじゃ、なんか寂しい生き方やし人として魅力がないかな。困難を乗り越えた経験から滲み出る「渋いオッサン」になりたいと思う。いばらの道よ。
 
実は、このところ行き詰まり感のある酒を飲んでいる。酒に逃げる。もともと酒は弱いから大した量ではないが、つい飲んでしまう。酒に失礼やな。けど、それも酒の仕事にと甘えてしまう。そういえばいつも1人で飲んでるなぁ。
 
と、モヤモヤしながら昨日も働いた。
 
ところがどっこい、こんな俺でも、俺を大切にしてくれている仲間がいるじゃないか。
 
鳥取でBARをされてるお客さんが餃子を食べに昨夜来てくれた。鳥取で生活されてるから神戸にはめったに来れないが、わざわざ足を運んでくれた。マキタさんは、確か3年ほど前にヒザの病気でお店を閉めて入院して手術するとか、お店を移転するとかとても辛い時にわざわざ鳥取から私に会いに来てくれ素敵な写真集をプレゼントしてくれた。
 
そして、昨夜は餃子を食べて帰る際にさりげなく「これ、大したものではありません」と紙袋を置いて帰られた。その紙袋を広げて見ると、神社のお守りと、今回はファーストクラスの機内食の写真集でした。3年前のプレゼントは世界中のクールな空港の写真集。なぜ、マキタさんが飛行機関係の写真集を私にプレゼントしてくれるかは、以前ブログに確かこんな一言を書いたからかな。
 
「あー借金なくして関空からナイトフライで旅に出たい」「僕は空港がたまらん大好き」みたいなことを書いたのを大切にマキタさんは心に留めてくれたのだろう。
 
昔、清原がドームで逆転ホームランを打ち、インタビューで「俺の乾いたスポンジにたくさんの愛の声援が染み込まれた」みたいなコメントを言ったのを覚えている。
 
昨夜のマキタさんからのプレゼント。今の俺の乾いた心のスポンジにたくさんのメッセージを与えてくれた。
 
野球でゆーたら人生は5回の表、餃子専門店古屋は守り。3点負けてる。ゲームセットはまだまだ先。
 
マキタさん。
 
お互い、頑張りましょう!
 
いつか、マキタさんのカクテル飲みに行きます。
 
さぁ、笑顔ふりまいて働くぞ!

2018年3月27日火曜日

トモ!

今のお店に移転してバイト募集して最初に面接しに来てくれたトモ。即採用して3年間頑張ってぼくの右腕として働いてくれた。彼は柔道整復師の専門学校に通いながら働いて、ね。僕のツレとも仲良しになり家族みたいになった。柔道整復師の国家試験もおそらく合格する。そして古屋も卒業よ。
 
そんなトモのお疲れ様パーティーを我が家でBBQしながら乾杯と。
 
寺夫妻もプレゼント持ってきてお店のスタッフも、トモのハニーも参加してワイン5本、ビールもたらふく飲んで楽しい昼下がりでしたわ。
 
トモとは30歳くらいはなれてるけど、ホンマにえーヤツ。彼から学ぶ事もたくさんあった。ありがとうやで。
 
女の話、競馬の予想の話ばっかりで、人生の先輩から伝える男の道みたいな話なんか一切しなかったなぁ。指導者には程遠いオレやわ。まぁ、卒業してもたまにはお店に遊びにきてくれるだけで幸せや。それが答えとしよう。
 
人との出会いは縁のもの。
 
縁って不思議やな。
 
数万分の一やもんなぁ。
 
トモの自慢の先輩にならないとな!
 
 
 

2018年3月21日水曜日

相生の牡蠣

相生の漁港の道の駅で取れたての牡蠣を食べれる食度があると新聞に書いてあったので行ってきた。
 
もう今年最後の牡蠣。ヒザに牡蠣の栄養もほりこんで欲しい。
 
この食堂は土日は1時間待ちもあるとのこと。さすが雨の火曜はそーでもなかった。カキフライ、牡蠣ご飯、牡蠣の煮付け、焼き牡蠣。たらふく食べても食堂やから財布に優しい。スノーボード行けなかったけど、食で冬を感じると。食堂の窓からはクレーン車が牡蠣の筏を持ち上げて牡蠣の収穫作業をしていた。
 
それから温泉に。
 
炭酸泉、サウナ、水風呂、源泉、シルキーバス、岩盤浴。
 
夜の11時まで。
 
新聞に、前文部科学省の事務次官前川氏が名古屋の授業内容を報告しろと自民党の議員が文部科学省に求めた。この自民党の議員は安倍の召使い。池田議員は青年会議所の幹部。青年会議所は麻生を神様としている集団。驚いたことに、麻生が佐川を佐川と呼び捨てにして話題になったが、ある自民党の議員は「麻生さんに、呼び捨てされるなんて光栄じゃないか」と先日の審議で述べた。何も見えていないゴマスリ。
 
違和感を感じる。
 
どないかならんか。
 
 

2018年3月20日火曜日

ル フェドラ

雑誌Meet'sの初代編集長であり「いっとかなあかん神戸」という神戸のホンマもんの飲食店を紹介する本の著者であり、神戸女学院、松蔭女子大の教授でもある江さんがお店に来られた時に、「ここのフレンチ抜群やで!いっとかな」と。フレンチって行くことがほぼないけど、やはり自己啓発や料理の学び、ナイフとフォークを使うスタイルはたまにはしないと、そして料理の先輩に触れたい。「いっとかなあかん神戸」に僕も掲載されてるし、料理人仲間が欲しい。思い切って予約した。
 
昼下がりの北野のフレンチのランチ。
 
窓から午後の日差しがやわらかい。
 
前菜、サラダ、メイン、デザート。
 
マダムが一品づつ説明してくれた。
 
しかし、フレンチってお皿に絵を描く作品やなぁ。アートやわ。綺麗。ソースのかけ方やリズミカルなサラダの盛り付け、子羊の火の入れ具合や力強いボリューム。繊細なデザート。美味しい。
 
そして、なによりマダムとの楽しいトークが美味しさがさらに楽しくなる。やはり接客って飲食店でのカナメやな。軸やな。
 
最後にオーナーさんがお見送りしてくれた。嬉しいなぁ。
 
後日、オーナーさんファミリーがお店に来てくれた。さすがやなぁ。
 
オーナーさんがまた、明るくて気さくな先輩で「また、飲みに行こうよ!」と誘ってくれた。
 
先輩、酒は抜群に強いと見た。
 
行ってよかった。
 
やはり、外に出て、いろんな扉を開けないといけない。

2018年3月19日月曜日

一週間が終わる

月曜日。今日、働いたら明日は休み。やれやれの一週間やった。金曜の夜は4組で25名の予約あり、土曜日もなんやかんやで忙しかったし、昨夜は居留地にある美容院さんが10名でたらふく飲んでくれたし売り上げは悪くないが、それでも金はたりん。もっと頑張らないといけないな。その「頑張る」は、なんやろ?それを知らんとアカンわな。はたして今お前が頑張っているフォーカスは間違えてるで、の可能性もあるし、それならさらに模索して考えて追及していかないと。悩むよ。
 
その一方、考えすぎてもしかして正解やのに間違えた方向にいく場合もある。案外、直球でよかったと。ただ、課題は山盛りよ。
 
 
1枚目 家の前の国道に、大好きなセンスのビンテージカーが信号待ちしていた。あまりにもカッコいいからハンドル持っている60代くらいのおじさんに「カッコいい車ですね。写真1枚撮っていーですか?」とお願いしたら、このおじさん絶対雑誌レオン読んでるわのあえて白髪まじりのジャンレノおじさんが嬉しそうにうなずいてくれた。助手席には50代のジーンズが似合いそうな昼から泡が好きそうな美人さんがサングラスかけ笑ってくれた。やっぱり1960年代のアメリカの車はカッコ良すぎる。
 
2枚目 京都大学名誉教授のノーベル賞物理学賞の益川さんの新聞記事から。「今までで、最悪の首相」と書いてある。全くの同感である。
 
3枚目 大丸でオードリーヘップバーンの写真展が開催される。もちろんヘップバーンはかっこいいが、モノトーンの写真もいいなと思った。モノトーンの写真見て、モノトーンと感じなかった写真。時代と被写体か。
 
4枚目 パラリンピックが終わった。パラリンピックって放映しているのだろうか。BSなんやろか。
 
5枚目 R1グランプリの濱田くん。大好きでしょっちゅうユーチューブ見て笑っている。大好き。
 
彼は生まれた時から盲目やから人の顔を見たことない。好みの女性はといわれても今まで人の顔見たことないからわからない。わかるのは声だけです。じゃ好みの声はと聞かれたら「小倉優子」やと。なるほど。
 
それから、僕は小倉優子の声が大好きになった。

2018年3月13日火曜日

兵庫医大へ

昨夜は仕事が終わり「もっこす」でチャーシュー麺の硬麺チャーシューバラミでハイカロリーをカラダに染み込ませ爆睡する。もっこすのおっさん、いつもオレのヒザを我がのように心配してくれるのが嬉しい。しかし寝る前にこんなギトギトのチャーシュー麺食べて大丈夫やろか?塩分とか胃の消化とか。
 
午前中はベランダを掃除してテーブルに山のように積まれた洗濯物を整理してジャッキーと一緒に風呂でシャワーしてジャッキーも泡だらけにしてサッパリさせたらもう1時過ぎ。3時に診察始まるし、その前にレントゲン撮らなあかんから慌てて出発する。
 
兵庫医大に2時到着。
 
3時から吉矢教授。
 
診察内容は、先生も右膝、左膝の両膝に壊死が発症するのは大変珍しいと。男性で50歳ではまた珍しいと。なんでやろか…でも、なってもたのはしゃーない。僕にできる事は、壊死した部位に圧力がかかりその骨が粉砕しないように気をつけるしかないと。壊死した部位は膝の外側やからそこに圧があまりかからないように靴のインソールに圧を逃すソールを作る。
 
診察が終わり、そのままお気に入りの温泉に行き11時まで身体を休めた。
 
森友の件で安倍と麻生に非難が始まり出した。
 
もしゴルゴ13がいるならお願いしたい。この勘違いした政治家を抹殺して新しい日本にして国難を一からやり直して欲しいと。
 
どないかならんか、ヤクザに憧れて下品な口調のチビッコ口曲がり大臣を。

2018年3月12日月曜日

明日は兵庫医大

ヒザの痛みが少しずつましになってきたから鎮痛剤を減らしている。よしよし、いーぞ!と今朝、鎮痛剤を飲まないで出勤したらやはりズキズキ痛い。痛くてヒザに力が入らない。杖をついて歩いても痛みはズキズキ。今日は右膝が痛いわ。明るい気持ちにはなれないや。街中で見かけるユサユサオッパイやプリプリムチムチヒップもなんの刺激もないわ。
 
明日は兵庫医大。
 
ふと、思ったが自分の知る限り、杖を使用している友人ひとりもおらんわ。おいおい、俺だけやないか。
 
ヒザって重要やねんなぁ…
 
でも、来年の冬にはヒザは8割は治り、スノーボードしている姿がしっかりある。軽いジョグもできているイメージはある。治ると確信している。
 
やりたい事や、やらないといけない事がある。見たいシーンもある。子供とも遊びたい。学びたい事も山ほどある。
 
そう思える事に、まずは感謝しなければ。
 

2018年3月7日水曜日

洒落た女性やと思う

先日、とある高級ブティックに行くことがあった。とても可愛らしい女性が対応してくれた。ふと彼女のしている腕時計が見えたら僕と同じ腕時計をつけていた。この腕時計は1000円くらいのカシオの1980年代かな?あのあたりに発売されてからデザインはそのままの時計でシンプルな機能しかない。ただ防水が完璧なのと、時間の調整がいらないほど正解なのと1時間たち時が変わればピピと鳴るだけ。
 
その、高級ブティックの女性がこんな安物の腕時計をしていたことに驚いた。
 
僕は「僕と同じ腕時計ですね。しかしどうしてこんな安物の腕時計をつけているのですか?」
 
「私、この腕時計は10年前に購入して、ずーっと愛用しているんですよ。なぜか気に入って他の時計を欲しいとは思わないんです」
 
僕は、そんな言葉を聞くと、この安物の腕時計がカルチェやロレックスより輝いて見えた。また、その彼女がとても素敵な女性に見えた。サラッと「この腕時計、気に入ってるんです」と言えた彼女が。
 
オシャレって、なんだろう。
 
スタイルって、なんだろう。
 
堂々と、1000円の腕時計を「気に入っている」と、言える高級ブティックの女性。
 
かっこいいと思った。

2018年3月6日火曜日

湯治

ヒザの病気で(病気とは言いたくない)休みの日にはゆっくり身体を休めたい。理想はなにか美味しいお店で楽しい時間を過ごしたいが、今は身体のケアが1番かもしれないし、飲みに行きたいとも思わない。休日だからこそお酒を抜きたい。
 
今日は、日帰り温泉で6時間過ごした。4時から10時まで。温泉に浸かりながら壊死していると思われるヒザをもんだり押したりさすったりする。温泉の温もり効果により再生の方向にスイッチが入ればと。またその患部のあたりの筋肉がカチカチになっている。ほぐしてあげる。そうすれば本当に歩行がスムーズになっていく。サウナ、水風呂、岩盤浴、炭酸泉、シルキーバス…
 
サウナで流れていたTVはR1グランプリ。若いお笑いには全く興味ないが優勝したのは盲目の芸人さん。めっちゃ明るく正統派の笑いで、盲目をネタにして、今まで見たことないスタイルの笑いやった。今の僕には盲目の芸人とかパラリンピックとか、そっち系にパワーをもらっている。
 
その影響か、スマホから入る素敵な言葉を写メしてホルダーに入れて読み直しては自分を成長させようとしている。
 
それとは、ラインは違うがデーブスペクターの名言は、数年前に母を亡くした私にはグッとくる言葉だった。
 
母にはもう会えない。
 
恥ずかしかもしれないが、今でも酒が入り母を思い出すと号泣してしまう。
 
母に、会いたい。