2017年6月21日水曜日

ワイワイ飲むワイワイ

昨日の休みは、寺夫妻と神戸の老舗コリアンレストラン「KIM」さんとその旦那さんの神戸の名門BAR「ゴスペル」のカイリさんとマイパートナーと3カップルで、ワイワイ飲む午後を過ごした。ワイワイ飲むから軽いアテをそれぞれの女性陣が持ち寄り乾杯!
 
その前に、パートナーが先に来て仕入れ行く前に舞子のスタバで海を眺めながら珈琲飲む時間を作る。さぁ!みんな来るから準備するぞ!
 
さすがやなぁ。サラッと持ってきたアテは。キムさんは本場のチャプチェに生タコのキムチ。けいちゃんは家庭料理の王様の肉団子、パートナーは彩り抜群のトマトと鴨ローススライスに豚の冷製サラダ。僕は買ってきた新生公司の焼豚。それプラスなんやかんやのアテが揃いスパークから始まり白、赤と何本ワインあけたんやろか。気がつけば日が沈み、みんなテラスに出て波音聞き、まるで青春時代の高校生やないか。何時間も過ごしたが、なにをしゃべったか覚えてへんわ。
 
僕からしたら、キムさん夫妻はスターだ。洒落たライフスタイルと音楽に包まれて日々を過ごしている。本物よ。そんな仲間とワイワイ飲み交流し、僕もライフスタイルの刺激を受ける。
 
幸せな時間よ。
 
どうやら、梅雨が始まったかな。
 
暑い夏はもうすぐそこ。

2017年6月13日火曜日

お弁当

ジュンク堂にワードの参考書を買いに行った。
 
帰りぎわに、エスカレーターの3階降りた踊り場に料理本のコーナーがある。見過ごそうと思ったが久しぶりに立ち寄り軽く数冊手に取ったがどれも同じに見えた。そしておそらくその紹介されたどの料理も作らないし、作る事もないから帰ろうとした。その時、ふと他の料理本と違う表紙が目に入る。手に取ろうか取るまいかと思ったが手に取った。
 
それは弁当の料理本だった。
 
ペラペラめくったら、素朴なお弁当の写真と街場や田舎で働いているごく普通の人の食べるためだけのお弁当だった。今はインスタでありとあらゆるお弁当の写真が集められ、キャラ弁とか普通の主婦が何万のフォトを集めて豪華なお弁当が人気を集めてるが、この本のお弁当は普通に素朴だ。
 
僕もインスタで主婦が作るお弁当の写真を何人もフォローしている。お弁当が大好きなんだ。作ることもないし、作ってくれることもないけど。
 
なんかお弁当には、愛が詰まっているように思う。そこには、手間と時間とそして毎日の事だが作り手の「小さな」アイデアが詰まっているように思えてとても見てて楽しい。
 
この本は、そんな素朴なお弁当ばかり掲載されてある。
 
僕も、自分のお弁当を作りたくなった。
 
話は変わるが、素朴なお弁当だが夜のサービスは風俗級の女性と、思いっきり手のこんだお弁当をインスタにのせて何万のフォロー集めてるが夜はマグロ女やったら、私は素朴弁当派だ。
 

2017年6月10日土曜日

お世話になってます

いつの頃から修理して使うという習慣がなくなってきました。電化製品は修理して使いたいと思っても修理するより買い換えた方が安くつくなんてよく聞く話。修理したほうが愛着がわくだろうが、買い換えると新品が手に入る。それに世の中、全てが安い方に流れていってる。駅前の居酒屋の生ビールが280円、ある居酒屋は380円、190円もある。僕のお店は450円だ。同じビールが。
 
それってなんだろう。
 
安けりゃいいのか。
 
僕がよく停めるコインパーキングがあるのだけど、その前に古い歴史ある風貌のクリーニング屋さんがありました。見た感じでは、なかなか入りにくいです。街中にはチェーン系の安い価格のクリーニング屋さんはたくさんあるし、大手の老舗クリーニング屋さんもありますが、僕はこんな個人経営のお店が気になるんだなぁ。昨年、大切にしていた服を洗濯機で回したらポケットに入れてたボールペンも一緒に洗い、大切にしていた服にべっとりインクが付いてしまいガッカリしました。その時に、思い切ってこちらのクリーニング屋さんに出して見たところべっとりしたインクが跡形もなく本当にキレイに仕上がりました。まるで手品のようとはこのことです。それ以来、なにか大切な服があればお世話になってます。今回もお店のスタッフの制服をコックコートに変えることになり僕のお古をクリーニングに出したところ真っ白に戻りました。
 
こうなると、クリーニングの値段なんて気になりません。キレイに仕上げる職人技が見たいのです。この職人技を極めたテクニックで仕上げた服を着て美しい人とお食事に行きたくなります。職人技に触れるだけで、僕まで成長させてもらえるのです。安いチェーン系ではなんの学びもありません。
 
安けりゃいい。
 
確かに安けりゃいいです。
 
でも、その裏側にもいいものはたくさんあるのです。
 
街には、カッコよく生きてるひとがまだまだたくさんいてるのです。
 
川村クリーニング。鯉川筋の西側にあります。

2017年6月7日水曜日

二位さん

昨夜はお店の近くの中華「二位」で、抜群の中華頂いて舌を肥えさせる。仲間7名で。
 
僕は餃子専門店やけど、最高級中華ビストロからでもお料理のヒントはたくさん触れることがある。お料理だけではない。接客や器や空調やお料理の温度…いくらでもあるわ。
 
大将も奥さんも、こんなB級の僕と対等に接してくれる。そこが二位さんが一流の証なんだなぁ。
 
食後に一枚写真をお願いした。
 
奥さんは「この人、めったに写真撮らないのに」と言ってくれたのに一緒に撮ってくれた。嬉しかったなぁ。
 
それから、数年ぶりにジャンカラでカラオケした。町田義人の「戦士の休息」「ランナウェイ」「ロングバージョン」を歌ったがオレはドラえもんのジャイアン。タンバリンも下手。まあ、楽しかったらなんでもえーわ。
 
今日から、一週間が始まる。
 
塩屋のかかりつけの原鍼灸接骨院で鍼を首から腰までビッシリ打ってもらい、帰りに新しく塩屋の街に小さなピザ屋さんが出来たからランチにチャレンジしてみた。もちろん美味しかった。塩屋のローカルにピザ屋さん。いーなぁ。
 
ピザ屋さんって、なんであんなにオシャレなんだろう。イタリアって空気、大好きだ。ピザ屋さんに憧れる。
 
今週は、どんな出会いがあるのだろう…
 

2017年6月4日日曜日

晴れの日曜

人生は、なかなかうまいこといかへんなぁ。
 
先日、古い友人の後輩がこうゆうた。
 
「結局、人間関係や楽しく生きるに1番大切なんは、なんやかんやゆーて好きか嫌いかとちゃいますか。仕事もやけど」と、言った。
 
なぜ、あるタイプの人は他人に高圧的になったり、自慢したり、強く見せたり、作り笑いしたり…
 
話は飛ぶが、なぜ安倍が日本の代表なんだろう。森友より加計の問題の方が不愉快だ。森友は夫婦の支えあう愛や家族愛を見ていてなんか微笑ましい。前川さんは、反旗をひるがえしたがよっぽどの決意だろう。あれがウソをついてるとは思えない。作り話をしているのは「ウソをついてはいけない」と教育している文科相、安倍のグループじゃないか。
 
僕は、今まで遠回りの、ダサい見間違えた進め方をしてきたようだ。お店を基礎に戻ろうと動き出した。メニューをしぼり、少しずつあのころに戻ろうと。
 
なあに、心配はいらないよ。
 
僕には僕のオリジナルがある。
 
街の先輩から教えてもらいました。
 
楽庵さん、三国亭さん、井上さん
 
今、ボロボロになったオレをリペアして使う準備をしています。
 
母とお前の汗に感謝。