2019年2月18日月曜日

志賀高原

ヒザのアレで2年ほど行けてなかった志賀高原に行ってきた。寺夫妻とオレの子分のKと。
 
志賀高原は同じコースを滑らなく、一本ずつ横に移動するだけでも1日じゃ足りないビッグゲレンデ。昔は滑るテクニックの向上に夢中やったが今は景色を楽しみパウダーと遊びカービングでハイスピードだすだけでもう充分満足出来る。後はレストハウスで時を忘れ、窓の外の雪景色を見ているだけで気持ちが落ち着く。それだけでいい。特に志賀高原は大好きなレストハウスがあって、そこに行くのが楽しい。しかも、もう何年も通っているので広大な志賀高原のコースやそのコースの遊び方も全て頭にインプットされているから、楽しい。そして滑った後は常宿のサンバレーにあるホテル「志賀の湯」でゆっくり温泉につかりベランダで冷やしていた白ワインやスパークを飲む。飲むことにより楽しみの夕食への入りがマックスになる。あーこう書いているだけで今すぐに、志賀の湯に行きたい。
 
今年は寺の後輩のF君も一緒に滑った。不思議なものでゲレンデで一緒に滑りレストハウスで乾杯するだけで同志になる。同志とは、同じ志を分かち合う仲間。おなじここざし。同志。僕たちの同じ志とは雪山を愛し、雪質を愛し、スノーボードを愛し、仲間を愛し、志賀高原を愛する事なのだ。また、驚いた事にF君は俺が一番最初にやった餃子屋の開業当初によく来てくれたという事実も判明し、一気にF君との距離が近づいた。ありがとうと思う。
 
今年は暖冬なので、寒いのは今日が最後。
 
明日の雨から一気に春が近づくだろう。
 
間違っていると思う。
 
どう考えても、冬は3月末までやないと。寒いのはツライが、冬が早く終わるのもツライ人達も山盛りいてる。
 
1年間で、1月と2月の3週目で冬が終わるとは7週間だけの冬なんてなぁ。
 
さあ!2020年の冬がくるまで、そして、もっと余裕ある男になるよう頑張らないとな。
 
 

2019年2月5日火曜日

感謝

僕は、餃子を作るのが仕事やから一応、料理人のはしくれやから自分では自分のことを料理人と思っている。ところがみなは僕の事を「マスター」と呼ぶ。なんでやろか。マスターはバーテンダーのイメージがある。酒を作る人がマスターで料理人はマスターとは違うと思うけど、よくマスターと呼ばれるが、まあ気にはしてないし、マスターなんやろ。和食や鮨屋さんなら大将。たまに「大将」と、呼ばれるが自分では「大将」っぽくはないなと。そんなに、ガツンとしたオーラはさらさらないし、僕はそんなに力強くないわ。そして西洋料理は「シェフ」になる。
 
その西洋料理でも、シェフは特別の、格上の唯一無二の、1つ上の地位というか、なんかかっこいい。
 
先日、大好きな料理人の大先輩の「シェ ローズ」のシェフがお店に来てくれた。佐藤さんは凄いシェフやのに、優しくてユーモアたっぷりで繊細で常にまわりを明るくしてくれる素敵な先輩。
 
素敵とはなんだろう
 
素敵とは、その個体がなく色もなく目には見えない。ただ、イメージや空気や「感じ」だけでこっちが勝手に思う一方的に思う事。相手がどう思おうとかまわない。素直に、いーなぁと。
 
その、「素敵」と「シェフ」が交わり「素敵なシェフ」が、佐藤さん。
 
そんな佐藤さんが、水野屋のコロッケの水野さんを連れて来てくれた。僕は水野さんにいろんな質問してはたくさん学びをいただいた。水野屋のコロッケ、餃子の古屋、同じ単品商売やからヒントが山盛りあるから。水野屋のコロッケはオーダーごとにコロッケを揚げる。こっちは包んで焼く。あのオレンジの配送車を見るたびに羨ましく思っている。
 
そんな、僕が会いたい人をさりげなく紹介まで気配りしてくださる佐藤さん。
 
素敵なシェフとは、決して料理だけを作る人ではなく、その人となりまでが優しさに満ち溢れているんだなぁと。
 
俺はまだまだアカンなぁ。
 
ちなみに今夜、定休日やけどお店、開けてます。
良かったら、乾杯しましょう!
 
 

2019年2月1日金曜日

鳥貴族

昨夜、仕事が終わりマロと店の隣のビルの5階にある鳥貴族に行った。人生初の鳥貴族。まあまあびっくりした。
 
フロアはジャングルジムみたいに区切って席を作りなにがどうなってるかわからん席の配置で、オーダーは全てタッチパネルで操作して店員さんはポーンと持ってくるだけで、焼き鳥はそんなに不味くなくて、ハイボールのサイズは馬鹿でかくて298円で、11時過ぎにもかかわらず、6割くらいのお客さんで、まあまあ食べて、ハイボールもメガサイズもグイグイ飲んで4000チョイ。
 
そりゃ、若い人や飲みたいサラリーマンは財布に優しいから行くわ。
 
個人的な意見やけど、あんまり行ったらアカン気がする。
 
不良と遊んだらアカンみたいな感じでな。

2019年1月30日水曜日

ツレの誕生日

昨夜は高校時代のツレが誕生日やからオレが大好きな西明石の居酒屋で52歳の祝杯を挙げた。この居酒屋は、いや居酒屋さんはまじで唯一無二。唯一無二とはこの世でたった1つ。他に並ぶものがないという意。84歳の女将さんと丁寧なお仕事される大将が優しく迎えてくれる。季節を意識して追いかけるお料理はなく、ただ寒くなれば温かいおでんが始まるだけだ。脂ののったブリがあれば造りにしてくれる。お店の壁に書かれてるメニューやカウンターが季節を静かに感じることが出来るというわけだ。入り口はビールで始まったが三杯目はやはり熱燗となった。菊正宗が甘くて美味い。ツレも「お前、えー店やなぁ。ここは」と、徳利を上げ下げや。気がつけば隣の白髪の銀の渋いロレックスが似合ってられる親父さんとオッパイ抜群の赤木春恵さんと、何を話したか覚えてない話で仲良くなった西明石の夜。
 
おあいそして、さあ、どないしょと。
 
スナックな気分やったが俺もツレも野郎2人で見知らぬスナックで歌うのはキツイわ。そや、駅のそばに小さな地下街あるからそこ見に行こかと。そしたらこれまたえー感じの立ち飲み見つけた。のれんくぐる。おばさんとパートのねえさんがカウンターの中。お客さんはみなサラリーマン。なんや盛り上がってるやないか。ビールください、と言ったらパートのねえさんが「うしろの冷蔵庫から取ってねぇー」なるほど、こうゆうシステムやねんな。大ビン2本飲んでパートのねえさんが「ここは裏メニューあるからまた、きてね」と。このパートのねえさんもオッパイタプンタプンやないか。
 
電車乗って、今夜は楽しかったなぁ、もう一軒行きたい気分やなぁ、どっかあるか。
 
ほな、地元の塩屋に立ち飲みあるからそこ行こうとなり、三軒目のお店は塩屋の立ち飲み屋に。
 
さすがに、よーたわ。
 
今日は、抜くわ。

2019年1月28日月曜日

日曜日の夜

このところ、酒を1滴も飲まないようにする夜を作っている。今、ふと思ったが「作っている」というフレーズから昔、小学生の頃「プラモデルを作る」という事を思い出した。プラモデルを作るとは、まずプラモデルの箱を開け、作り方の説明書を読み、その通りに、その順番で作る。完成するまでゼロからのスタートで、完成というゴールに向かうのだ。
 
酒を1滴も飲まないようにする夜を作る
 
酒を飲まないと決意し、仕事中少し喉が渇いて生サーバーからほんの少しだけビールを飲むという誘惑にも打ち勝ち、仕事が終わって、さあビールでも一杯という「お疲れさんビール」も我慢し、帰り道にのコンビニで缶のハイボールの歩き飲みも忘れようと努力し、最後にベッドに入り睡眠薬を炭酸水で流し込み眠りに入る。
 
酒を1滴も飲まない夜を完成するまでには、そこにストーリーがあるのだ。
 
なんの話やねん。
 
昨夜は、金曜日も土曜日も一滴も飲まないという困難にも打ち勝ち、よし!日曜日も抜きたいとしっかり決意したが、お店がヒマで、なんやもうえーわ、な気になりコップ一杯ビールを飲んだがそれが今まで張っていた硬い糸がフニャとなり、ポカリスエットのように生ビールを仕事が終わるまで飲み、ハイボールにも手を出して、シャッター下ろして小腹がすいてどこぞで夜食しようと元町駅あたりに行った。開いてるお店は、吉野家かマクドかCoCo壱かやよい軒しかない。どれもホンマに行きたくなかったからそういえば一軒、激安のチェーン系の焼鳥屋があるから思い切って入り、皮やつくねや肝やらをハイボールで。あたりを見回すとそれまで6割くらいのお客さんが気がつけば満席になっていた。元町駅あたりには夜の居酒屋が一軒もない。だから、この辺りで働いて仕事中仲間と飲むお店はここしかないから11時過ぎてからでも満席になる。
 
つまり、商売は、他に競争相手がいないと一人勝ちのチャンスがあるという事を学んだ。
 
今は月曜日の昼前やけど、まだ昨夜の酒が残ってる。
 
今日は100%酒を抜く。 
 
そうすれば、明日の朝が爽快で気持ちいい休日のスタートを迎えられる。