2019年3月20日水曜日

休みの日

たった一週間働いただけやのに、月曜日がくると「あー明日は休みや。ゆっくりしたいな」と。月曜日の朝から火曜日の休みのスケジュールを考える。せっかくの休みは無駄に過ごしたくないよな。
 
俺もうっかりさんやった。前の日から明日の予定として、冬にスタッドレスタイヤを車にはかしていたから今日はオートバックスに10時に一番に行くと決めていたのに、9時30に車に乗ってジェームズ山のパン屋のカフェでモーニング食べながら新聞読んでる最中に「あ!タイヤの交換やったわ」と、タイヤの事をすっかり忘れてた。しゃーないわ。来週に変更や。
 
今日は1時からジェームズ山から車で10分のコストコ近くのサンゴルフガーデンって打ちっ放しで、とりあえず無料レッスン受けるのがメインイベント。12時には打ちっ放しに到着して軽く身体を慣らしてレッスン受けると。
 
レッスンは数人が打席から玉を打ってそれをレッスンプロがアドバイスしてくれるシステム。俺は20年ぶりのブランクあるからまずはグリップの握り方から指導してもらった。それから、アドレス、スタンス、バックスイング、フォロー、フィニッシュ。バックスイング時に、もう少し後ろを見るくらい腰の回転と、ボールの位置とか、いろいろアドバイスくれてレッスンの1時間があっという間に終わった。たまたま同じレッスン受けてたにいちゃんが神戸の中央市場の八百屋のにいちゃんで知り合いの知り合いで、ぐっと仲良くなる。そういえば、打ちっ放しのフロントの美女も昔のお客さん。レッスンプロさんとも仲良くなり、ゴルフがつなげた縁に出会えて嬉しいよな。レッスンが終了しても、もう少し復習したくて2時間ほど打って、それから垂水の太平の湯に行きサッパリさせて夕食しようと。
 
夕食は、垂水駅前にある「ゴン太」って居酒屋が第1候補やったが、実は頭の中に西明石の居酒屋割烹「万安」が離れない。万安の造りが食べたい。万安の女将さんに会いたい。大将の声が聞きたい。万安の熱燗が飲みたい。万安のカウンターに座りたい。万安のカウンターが満席ならすぐにあきらめて垂水に戻りゴン太にしよう。そうなると垂水駅で西明石までの切符買い電車に乗る。
 
西明石からいまだに万安までの道のりがわからないが、ようやく万安あたりまで来たが万安の看板が見当たらないと探してたら電気が消えてて「本日は臨時休業」のチラシが。まあ、しゃーないわ。垂水へ引き返すとするか。と、駅まで歩いてたら大好きな大衆中華の「ぎょうざ一番」の看板がピカピカ光ってるやないか!迷う必要はないわ。そのまま「ぎょうざ一番」に自ら吸い込まれた。
 
店内には若い5人組のグループと、塾帰りに息子を迎えに行った帰りの親子と、1人ジイさんと、中年カップル。厨房から調理する中華鍋の音と、お客さんの話し声が1人の俺を寂しくさせないのが心地いい。餃子2人前、酢豚、鳥の唐揚げ、ビール2本でお腹はちきれ5秒前。しかし、ここの餃子は一番美味い。昭和の餃子の味。どないしてこの味だすんやろか?
 
9時すぎまで「ぎょうざ一番」それから垂水駅で下車してもう一軒どこかに行こうとしたけど、あまりにも満腹やったからスタバで珈琲しようとスタバに行ったら閉店5分前。全てをあきらめて帰宅してベットに数冊持ち込んだが、気がつけばもう朝やった。
 
今週は木曜が休みか。
 
なんか読まれへんなぁ。
 
働こう!

2019年3月15日金曜日

寒の戻り

寒い日が続いている。この神戸でこの寒さやったら長野のゲレンデは間違いなくパウダーやろう。今すぐ行きたいが、なぁ…
 
1枚目 友達のインスタにこの写真がアップされていて、読んでみたらグッときた。広告やから人のハートにグサっとこなアカンのはわかっているが、「そやな、おれも頑張らないと」と、ジーンとくる文章やった。まだまだ、まだまだこれからよ。しかし難しい。表現はどうだかわらないけど、自分はもっと働かないといけないと思う。
 
2枚目 なぜだか籠池から目が離せない。僕は川柳が少し得意やと自画自賛している。この句は素晴らしい。籠池のしてる事は、とにかくぶっ飛んでいる。そして、彼が、いーか悪いかは別にして夫婦愛はたいしたもんや。
 
3枚目 最近、三ノ宮に新しい餃子屋が数軒オープンしている。もちろん食べに行き、どんな餃子かを知らないと。神戸サウナ裏に2軒並んでオープン。その2軒とも、味噌ダレに蒸し鶏がある。一軒はシソ餃子もある。しかし、元町と三ノ宮は活気が違うなぁ。羨ましいと思う。
 
4枚目 この外人さんは53歳のアメリカのモデル。どないなってるねん。このオッパイ。
 
5枚目 先日、半年ぶりに兵庫医大に検査に行ってきた。担当の吉矢教授がこの4月に退職され西宮の回生病院に移動されるから、次回から僕も回生病院に行くことになる。だからこれが最後の兵庫医大。兵庫医大に行く時、時間あれば近くの名前は忘れたが餃子の美味い大衆中華に行くのが楽しみやったがもう行くことはないやろ。少し残念。次回、回生病院では両膝のCT撮影。もう、杖も要らなくなったしヒザの水も右はなくなり左には若干あるだけでなんの問題もないと思う。あとは日々のトレーニングでカバーできる。
 
お店もそうやし、自分の身体もそうやけど、与えられた条件の中で思いっきり頑張りたい。
 
 

2019年3月12日火曜日

京都御所

いろいろあって、楽しいことはもちろんあるがやはりどっちかゆーたら頭を抱えることが多いようかもしれない。だけど、頭を抱える状況を作ったのはこのおれ。解決出来るのも自分でしかない。と、こうやって、えーこと言っているが、そんな簡単ではあらへんよ。まいるわ。
 
そんな時、ジメジメしてたら自分を見失い、素敵なオーラも消えてしまう。おれを生んでくれた両親に失礼になる。スポーツして筋肉鍛え、美味いもん食べて自分を磨き向上心に拍車をかけると。そこに美しい人がおればなぁ。
 
そやから先週の休みは大好きな京都でいつもお世話になってる仲間にお礼を兼ねて思いっきり京都を楽しんだ。桂川の東急オアシスで朝から夕方までじっくり筋トレして走ってストレッチして、それから2時間サウナ、水風呂、シルキーバスで身体清潔度マックスまで仕上げて、おろしたてのカッターシャツ着て久しぶりに軽く本当に軽く香水ふって、京都御所すぐ裏の焼鳥屋さんで京都の夜を過ごした。
 
窓から見える夜の丸太町通を走る車のテールランプがメローに流れる。出される焼鳥の一品一品が美しく光っている。このお店はカウンター8席だけのお店やから、カウンターでサービスしてくれる女子大生がタイミングよく相手をしてくれる。焼鳥はおまかせで焼いてくれるから「次はなんやろ」という感じゃなくて、全部美味いから、出された焼鳥を眺めるだけで幸せになれる。
 
それから、河原町五条のカフェでファンクなジャス聴きながら自分の未来を考えた。アドバイスもらいながら。
 
支えてくれて、ありがとう!
 
いつか、京都に…

2019年3月4日月曜日

明日は火曜

たいして忙しくなかったのにやや疲れてる。
 
何日前か覚えたないが飲みすぎた夜が続けてあったからやろう。まあまあ売り上げよくて気分が高揚してたせいかお店でビールグイグイ飲んで、ちょーしこいて元町南の「焼肉アカツキ」11時半ごろ暖簾をくぐりチューハイ飲んでフラフラになり、次の日はどうしても栄町にある「BARムーンライト」に行きたくなり店からダッシュでマスターと、ひさみさんに会いに行った。ジントニック2杯飲んだがムーンライトの酒は濃い。それだけで次の朝まで酒が残ってた。それが日曜日の朝。さすがに昨夜は一滴もいらん。今日も抜くぞ。やっぱり俺は酒、弱いんやなぁ。
 
1枚目、大好きな元町駅南の金時食堂のカキフライ定食。週に一度は食べているがもう冬も終わりそうや。いつまでカキフライ定食を食べれるんやろか。こう、書いているだけで食べたくなってきた。いつ、カキフライ定食が終了するか教えてください。
 
2枚目 ツイッターで加藤一二三さんの言葉をフォローしている。「打つ手は必ずある」肝に銘じて勇気をもらう。必ずある!
 
3枚目 今、月曜日の朝9時ごろ元町駅のデリカフェでこれを書いている。今朝は朝刊が休み。新聞が読めないのはツライ。早く夕刊を買いたい。朝は神戸新聞だが夕刊は毎日。昔、毎日の夕刊にデカデカと僕のお店のコラムを江さんが買いてくれて以来、毎日の夕刊を読むようになった。月末の火曜の夕刊にバッキー井上さんのコラムも楽しみやし。
 
4枚目 ムーンライトのジントニック。ライティングが色気あって美しい。
 
しかし、どうして人生とか人間関係とか商売はうまいこといかないんだろうと考えている。もちろんうまいこといかないものと、わりきる発想も充分知っている。どうにかなるさ、も知っている。それでも考えているとブルーになる。そこで加藤一二三さんの「打つ手は必ずある」だ。
 
この言葉と、やはりスケベな私は、柔らかなウエーブのきいた肩からやや下にかかった美しい黒髪のFカップくらいで、どう見てもお尻がややデカくてピカピカのネイル、薄い化粧、エロいクチビルの女性を見るとツライことがバカらしくなる。
 
52にもなって、俺は大丈夫か?

2019年2月28日木曜日

打ちっ放し

ゴルフを再開することを決意してから、これからのゴルフライフと共にするアイアン選びから始めなければと、いろいろ考えたが結局、昔ゴルフを始めて(25年くらい前)初めて購入したクラブに戻ることにした。そのアイアンはピンジングというアイアンで当時スーパーヒットしたアイアン。これが初心者でもスイートスポットに当てやすく、とにかく簡単に打てるイメージがある。それをヤフオクで調べたらフルセットで5000円からある。安いぞ!この名器がフルで5000とは。で、近所のゴルフショップのゴルフパートナーに聞いたら7000円でいいのがあると。それを取り置きしてもらい、この火曜にゲットしに行ってきた。テンション上がる。ついでに持っていた初代ツアーステージのアイアンを下取りしてもらい少しだけやったが購入資金のたしにする。25年前のアイアン。いーなぁ。ヘッドのデザインもカッコいいなぁ。僕はやはり新しいものより古いスタイルが好きやなぁ。天才バカボンの名言が出てくる。これでいいのだ。
 
その足で近くの打ちっ放しへ試打しに。
 
やっぱり2月の打ちっ放しは肌寒いわ。それでも久しぶりの打ちっ放しやから、なんか懐かしいやら打ってもシャンク連発やら空振りありーのトップ打ちやのでジャストヒット一発もなし。これじゃコースデビューできないぞ。どう考えても独学は危険。それならばと打ちっ放しの受付に聞きに行ったらその受付嬢ちゃんが(マスクしていたが可愛い)なんと開業当初のお客さんやったとは。ご縁やなぁ。マスクしていて顔は確認出来なかったがただそれだけで好きになってもた。レッスン受けたい旨を伝えたら早速レッスンプロさんを紹介してもらい再来週の火曜に予約した。受付嬢との出会い。レッスンプロとの出会い。ゴルフパートナーのスタッフとの出会い。ただゴルフを再開しようとアクションおこしただけで、もうたくさんの出会いがあるやないか。なんか嬉しいよな。結局、打ちっ放しでは数発打っただけで少し寒いのもあり、打ちっ放しのフロントでホットコーヒー飲みながらゴルフ雑誌をペラペラ読んでいた。関西の全ゴルフコースが載ってあって「あー昔ここ行ったなぁ」とか、あーいつかここ回りたいなぁとか、やっぱり歴史ある古いコース回りたいなとか。
 
それから太平の湯でサッパリさせて、垂水駅周辺の餃子屋を2軒行く。よその餃子を食べて刺激うけな。