2019年5月14日火曜日

地方の餃子を食べたいツアー 高知編

今、高速バスで高知から地元に帰ってきてまだ頭の中は楽しかった高知の思い出が焼きついて今すぐにでも高知に行きたい気分だ。
 
なんのきっかけかもう思い出せないが高知の有名な「安ベイ」という餃子屋さんに行きたくなり高知行きの切符を買いGWが終わって一息ついたこの月曜火曜と一泊の旅。仲良しのBARのマスターの室さんも参加し、男2人の旅。二人とも初の高知やし、とりあえず「ひろめ市場」で鰹とビールしてビジネスホテル(泊まったビジネスホテルはドーミーインというホテルでサウナと温泉で6000円。最高やった)でゆっくりサウナして6時から街に繰り出した。
 
高知の街はいーねー
 
日が沈むと、なんか高知は地方やからまだ昭和の香りがいたるところに残されていて、昭和へとタイムスリップすることが出来る街。
 
戦後から残された屋台エリアがあり、夜の街はやや寂れた感がまたグッとくるし、有名な屋台餃子は抜群に美味くて、楽しみにしていたキャバクラもキャバ嬢はガンガン飲むし、高知弁のシャワーを浴びて最後に屋台で熱々のラーメン食べて気がつけばホテルのベッドで爆睡してた。
 
屋台餃子からはもちろん学びが山盛りあった。
 
ただ、屋台餃子は行く前から決めていたお店。でも不思議なもので、高知の夜の街に繰り出してたまたまお店の外観からあふれ出るオーラから思いっきってのれんをくぐったそのお店の出会いのほうが泣きそうになる時間をくれたような気がします。
 
飲屋街の、無料水商売案内所で教えてもらったキャバクラでなんの縁かわからんがたまたま横に座ったキャバ嬢と30分しか出来ない恋に落ち、こっちも酒の酔いで娘くらいに年の離れた高知弁のムチムチたまらん女の子に本気で好きになってライン交換して喜ぶそのへんの田舎のおっさんになり、次の朝そのキャバ嬢から「おはよう!昨夜ありがとう!楽しかったよー」みたいなメールもらい朝から恋モードに入るオマケ付き。キャバ嬢にも恋したけど、高知の街に恋してるき。
 
同行した室さんも街の達人やから、お互い知らぬ街でもサクサク先導してくれたのも密かにカッコ良かったです。
 
行きはJRで岡山から瀬戸大橋をビール片手に旅気分。車窓からは吉野川かな?流れていて、いくつものトンネルを通過して高知に着き路面電車に乗り、帰りは高速バスで1時には舞子に到着する短い旅やった。
 
もう、たらふく遊びました。
 
舞子に到着して駅で快速電車が通過する瞬間に飛び込みそうなくらい最高の旅になった。
 
今、感じているのは「もっと餃子の古屋を繁栄させなければいけないぞ」
 
高知に感謝よ。
 
また、行ってまいそうです!
 
 

2019年5月10日金曜日

GW明け

GWが終わったのも、なんだか随分昔に思うなぁ。
 
昨夜は案の定パッとしない売り上げで、さっさと後片付けして店の2軒南の焼肉屋「浦江亭」にバイトしてくれたけいちゃんと。
 
ミックス盛りとビール3杯飲んで2900円。しかもここの焼肉美味い。安いからそんな特別な肉ちゃうし、肉にタレをサクサクとからませてハイどうぞや。焼肉はどこ産の肉を塩やわさびで食べるより、なんも考えずただ焼き加減だけに気を使うだけで充分満喫したい。ちなみに俺は生焼けに近い焼き加減が大好きだ。甘いタレにコチュジャンドッサリと。しかも浦江亭のバイトのサクラちゃんが異常に可愛いしな。愛想抜群のサクラちゃん。仕事スマートなサクラちゃん。
 
飲食店は接客が命。味も大切やが、明るい接客は全てを救う気がする。
 
学びやね。

2019年5月8日水曜日

鮨中広

鮨屋といえば、兵庫区は石井橋にある「鮨中広」しか行かないが、いろいろあり数年も中広の暖簾をくぐれなかった。ずーっと中広さんと疎遠になり、申し訳ないし、会いたかったし、中広さんのお鮨が食べたかった。
 
その中広の暖簾をくぐるきっかけを寺が作ってくれて、やっと中広さんに会うことが出来た。久しぶりの中広さん。懐かしい。よくここのカウンターで気になる女を口説いたり、1人でカウンターの端で中広さんと酌を交わせたり、いろんな時間を過ごした僕の1番大切なお店。鮨屋。
 
昨夜は、久しぶりの中広やったんで寺とワイン3本空けてホンマに楽しかった。
 
これで、これから普通に中広さんに行ける。それが嬉しい。カウンターに1人で座りたい。いつか息子と行きたい。
 
中広さんも、頑張ってる。
 
僕も頑張らないと。
 
来週は、月曜日はお店閉めて一泊2日で高知のスーパー有名な餃子屋「屋台安兵衛」に食べに行く。楽しみです。行きはJRで電車旅。帰りは朝の9時にはバスで帰る。2時には帰宅してゴルフの打ちっ放し、スーパー銭湯かな。
 
高知で、餃子食べて、8時くらいから高知の夜を偵察やね。
 
 

2019年5月6日月曜日

GWも最終日

長かったGWも今日で終わり。やれやれやね。いろんな事があった。いろんな事があり仕事が終わって店で1人で飲みすぎてフラフラになり次の日、二日酔いで店の隣の蕎麦屋で熱い肉そば食べてスッキリさすつもりがまたフラフラになり、2日ほど酒抜いて反省したり、お店の南にある大好きな焼肉屋で仕事早く済ませて1人焼肉食べて(ここのバイトの子が異常に可愛い)ハイボール飲んで明日を向いたり、いろんな出会いもあり、まぁロングのGWが終わる。
 
令和になった日の日経新聞に大好きな矢沢永吉が一面に広告出すと聞いたから、もちろん買いました。
矢沢永吉も、いろんな事があったけど、歌い続けている。
 
おれも、今日も焼くよ。
 
キツイ旅だぜ。
 
お前にわかるかい?
 

2019年5月2日木曜日

ジャッキー

ジャッキーがいってしまい、あまりにも寂しい。
 
大の大人がと思うが、17年も一緒やったから本当に寂しい。
 
ジャッキーは、もう私の事はいいからお仕事やプライベートをさらに充実して下さいとのメッセージと勝手に自分を慰めている。
 
そうでも思わないとやっていけない。
 
昨夜、帰宅するとジャッキーはいないのはわかっているが、まいりました。
 
あー1人やなと。
 
いずれ、少し犬くさい家の匂いもなくなるだろう。それすら寂しい。俺の携帯には無数のジャッキーの写真がある。それを見る気持ちにもならない。
 
令和の初日にサヨナラしたジャッキー。
新たなスタートやからな、とのメッセージかと。
 
ありがとうな、ジャッキー