2018年8月14日火曜日

日記

1枚目 この猛暑でお店の植木が枯れてしまい、ちゃんとケアしていなかったのかと反省と後悔でブルーやったのは数日で、その枯れた小枝から新芽が吹いて来た。もしかして、木々がわざと葉を落として生き延びる術やったのか…
 
2枚目 先日、京都から名神を飛ばして餃子20人前をコンスタントに来てくれるお客さん。いつも「早く京都に来てください」と、言ってくれる。ロケーション1発やから、ロケーションは慎重にと。心強い。
 
3枚目 今朝、出勤の電車の車窓から。夏のエネルギーを感じるが暑すぎてなんの風情も感じない。夏の夕方のヒグラシの鳴き声、近くの山に遊びに行き小川で泳ぐと水が冷たくてくちびるがムラサキとか、扇風機にあたりながらの昼寝とか、そんな夏が懐かしく思う。
 
4枚目 人生初の海鮮丼。もひとつやね。
 
お盆は休みなし。
 
自分に甘い、大雑把、はっきりと物を言うのが苦手、中途半端な優しさ、街中では女ばかり見ている、女の胸と尻が好き、酒が弱い…
 
マジで落ち込む時がある。
 
そんなブルーなモードでも、前から来る女を見ている。
 
さあ、今日は最高の笑顔で働こう。

2018年8月2日木曜日

別館牡丹園

先日、炒飯と香港麺を学びたい、やはり他店のスキルを学びたいと、ここは神戸の中華の最高峰。誰もが認める「別館牡丹園」に昼の時間に食べに行った。別館牡丹園のオーナーと言うか大将と言うか総料理長と言うか、一番の偉いさんとは昔からの知り合いで、僕の母からの付き合い。そやから道で会っても「大将!まいど!」「お前、最近どないや?」の大先輩。この日も別館牡丹園におじゃましよったら偶然大将が店から出よったときに遭遇したから「お前、食べに来たんか?」「はい、今日は炒飯とネギのあえ麺勉強しに来ました」
 
「お前、そこ座っとけ」
 
と、相方とテーブルに座って炒飯とネギのあえ麺を注文した。
 
そしたら大将が、僕のテーブルのそばに立ち、僕の母の話を永遠にする。お前かオカンはえぐいオカンやってんぞ。から、そやからお前はその遺伝子あるからお前も普通やないから、大将の料理に対する考え方からありとあらゆるお話をさせてくれた。
 
大将は「ゆーとくけど、俺は客席の横で立って話することなんかあらへんねんぞ。絶対にな。お前やからやぞ」 「ほんなら食べ終わったら厨房入れや。炒飯の作り方、見せたるわ。こんなん絶対せーへんからな。俺らの秘密みせるなんてありえへんからな」
 
僕は、本当に見てえーんやろか?
僕みたいなんに、なんで見せてくれるねん?
 
正直、嬉しかったし、それより大将の気持ちがたまらなかった。俺なんかに…
 
厨房に入ると調理人たちが威勢よく気持ちいい声で挨拶してくれた。教えてくれたのは大将の息子さん。「ほな、いきますよ」
 
息子さんは、炒飯をゆっくりと実況中継しながら教えてくれた。
 
それからテーブルにもどら大将は僕の炒飯に対する質問に全て丁寧に答えてくれた。
 
別館牡丹園のあえ麺にはもちろんオイスターソースを使うのだがその別館牡丹園のオイスターソースを小皿に少し乗せて持ってきてくれ「ちょっと舐めてみい」と。「このオイスターソースは俺らがカキのシーズンきたら広島の契約しとる養殖の牡蠣の漁師からどっさり買ってその牡蠣の状態を把握してその年の一年分つくるねん。自家製のカキオイルつくるの別館牡丹園だけちゃうか?」
 
それから「お前、蒸し鶏、どないして作るねん」「こうこうこうするんです」「アホか!こないするんや!」と、別館牡丹園の蒸し鶏の作り方まで教えてくれた。
 
「お前、いつでもわからんよーになったらウチの厨房こいよ」
 
別館の大将、感謝の言葉見つからへんし、俺も口下手やから、「大将、ホンマにありがとう」しか言えなかったが、俺も52。大将の気持ち、わかるつもりでいる。その意味、受け止めて、お返しをせなアカンのもわかる。でも、この大将の気持ち、嬉しすぎる。
 
ありがとう、しか言えなかったが、なにをせなあかんかを、いま一度、整理して考えるよ。
 
「えーか、本物になるねんぞ」
 
この言葉が、俺の血になってきた。
 
ありがとう!

2018年7月21日土曜日

いーお店って…

少し前の休日に、三田にある温泉に行く前にとある認定ピザ屋に行った。店内はイタリアのピザ屋の職人の写真や、イタリアのナポリのジジイがピザ食べてる写真、この店のオーナーとイタリア人のピザ職人が肩を組んでいる写真が壁一面に貼られ、チョークでイタリアの国の地図も書かれていた。オーナーのイタリア愛が伝わるのだ。僕はピザの詳しい味の違いはわからない。ピザはなんでも美味いと思う。ジョリパのピザも美味しいと感じる。ところが、この認定ピザを食べてると口の中に小さな石のような塊が出てきた。口が出したがかなり硬い異物だった。これを言おうが言うまいか、悩んだがあえて言ってみた。どうするか知りたい。
 
そしたら店の女の子が平謝りした。僕も飲食してるから気持ちは痛いほどわかる。ぼくも同じ経験は一度や二度ではない。どう対応するか学びたかったのだ。女の子は丁寧に対応している。ところがオーナーは一言も声を出さず頭を軽くさげただけなのだ。でも僕はそれに対して何も思わない。いーのだ。逆にお金では買えない学習が出来たのだ。あー、こうゆうハプニングには、オーナーはまずなにをしたらお客さんに対して不快な思いをさせないよう、どうしたらいいかを学んだ。全て学習なのだ。
 
こないだのオフはスノーボード仲間が我が家で昼からワイン飲んでレデースが酒のアテ作ってくれてなかなか洒落た時間を過ごした。なにをしゃべったか覚えてないが、楽しかったよ。みんな、えーヤツばっかり。幸せよ。いろいろあるけどな。
 
元町に「カルド」ってピザレストランがある。ここのマスターは一度も一緒に飲んだことないけど、気持ちは、飲み仲間みたいやね。晩にたまに会うがマスターいつもええ感じで挨拶するねん。ええ感じとはお酒をこよなく愛している状態。こないだ、マスターが仕事上がりに餃子屋に来てくれたから、そのお礼といっちゃーなんだが、ランチに背の高い阪急沿線が似合う美人とおじゃました。
 
あんまりピザの味がわからん私だが、カルドのピザ、マジで美味い!ホンマに美味いわ!
 
私の経験上、酒を愛している人は舌も肥えてるし、笑顔もいいし、酒で失敗したことで人生を反省したことかなりあるから優しいと思うなぁ。
 
えーヤツにかこまれて、幸せですわ。
 
 

2018年7月19日木曜日

餃子専門店

餃子屋始めて20年経つが答えが出ない悩みや、いろんな葛藤や、売り上げや、とにかく悩み事がつきない。そして、その答えを出すためにいつもこう自問しているが、やはり答えを出せない。
 
開店当時は「餃子、蒸し鶏、キューリ漬け」の3品だけだったが、売り上げを伸ばそうといろんなメニューを増やしていった。それはそれでどうだろうと思う事がある。だって神戸で生き残っている餃子屋はどこも餃子一筋じゃないかと。
 
先日、よーいどんの番組で大東市の「餃子専門店丸正」のおっさんが取り上げられていたのでかぶりつきで見た。おっさんの一言一言を聞き逃さないぞと。もう、僕のキリストみたいなおっさんよ。餃子屋のヒントが山盛りトークやった。もちろん丸正は餃子のみ。
 
赤萬も、毎日チェックしてしまう。お持ち帰りがバンバン売れてるなぁ、と。
 
今日は、餃子の大学へ餃子定食食べに行った。やはり餃子一本よ。
 
思い切って、僕も餃子一本で勝負したいと思うが今さら出来ないわ。
 
でも実際どうなんだろうか?
 
表現は難しいし、合ってるかどうかもわからない。例えば、愛人よーけおる人生と、ただ一人のオンナを愛する人生。あー、これはまたちゃうか…
 
当たり前やけど、餃子の事ばかり考えている。
 
 
 

2018年7月10日火曜日

夏の始まり

1枚目 もう何年この桔梗は咲くのだろう。梅雨の始まる頃に芽が鉢から起きてきて梅雨の終わり頃に花が咲き始める。花のつぼみは15個ほど持ち順番に咲き始め、最後の一つが咲き終わるのに1ヶ月間ほど桔梗の花を楽しむことになる。その間は毎朝お水をたっぷり与える。最後の花が咲き終わると桔梗も使命をやり終えたのか、気がつけば全てが枯れてしまい鉢の中は土だけになり、その鉢に、なにが咲いてたのか忘れてしまうのだ。そうなると、土しかない鉢に、当然お水を与えることはないから半年以上ほったらかしになる。ベランダに出しっぱなしの鉢。それが梅雨が始まると可愛く小さな芽が出てくる。何年も同じ繰り返し。出来ればもう少し背の高い桔梗になって欲しいと願う。桔梗は、花の清楚で日本らしい紫の品のある花だが驚くほど強い花なのだ。
 
2枚目 愛する竜が学校で絵を描いた。たまらないという言葉しかでてこない。たまらないのだ。もっとたくさん絵を描いて欲しい。たくさんの色を使って欲しい。
 
3枚目 先日の梅雨前線で営業を取りやめ須磨から塩屋まで歩いて帰ったその須磨、塩屋間の道中、山陽電車の線路に山崩れで線路が封鎖された。コリャあかんわ。
 
4枚目 須磨から歩いた。膝が痛いので歩きながら人を追い越すことは一度もなく、みなが僕を追い越した。仕方ない。で、塩屋に着くのに1時間ほどかかったからオシッコちぎれそうになった。そやからというわけではないが塩屋に着くと「食堂しろちゃん」に駆け込む。やれやれ、今日はせっかくやから時を忘れてゆっくりしよう。まずはキンキンに冷えたチューハイやね。しろちゃんは、心のふるさと。パパさんもママさんも「たいぞうくん」と、呼んでくれる。ホンマに嬉しいのだ。
 
5枚目 竜に、夏休みにクワガタムシ取りに行こうと言ったのを覚えているようだ。七夕の願い事は、虫がいっぱいとれますように。
 
もちろん僕も、虫がいっぱいとれますようにと神様にお願いしよう。
 
虫がいっぱいとれますように!