2018年10月14日日曜日

近況

先日、大好きな西明石の「ぎょうざ一番」で52歳の誕生日を祝ってもらう。天才バカボンの名句「これでいいのだ」がある。なんか、いーなぁ…これでいいのだ。それをそのまま使わせてもらうわ。52歳の誕生日やろ?
 
これでいいのた!
 
ぎょうざ一番の、昭和の感じがたまらん。こんなお店に仕上げたいなと。
 
東京とカリフォルニアに事務所持ってはるハーフのおじさんが誕生日に2006のオーパスワンをくれた。クシャクシャの白いビニール袋をポンと渡してくれて「なんですの?」と、聞くと「マスター、好きって言ってたから」と一言。オッサン!これで2本目やんか!ハーフのおじさんは、キャセイパシフィック航空の切符切りから人生スタートして、ハワイでツアコンしたりバブル期の時に、なんの商売か教えてくれへんけど大儲けして会社売ってカリフォルニアでワイン畑作りワイン売ったりして今は無職寸前ゆーてるが、なぞだらけの刑事コロンボみたいな、いつもボロボロだけどめっちゃソフトで優しい先輩。酒、一滴も飲まれへん。かっこいいとはこのことや。
 
久しぶりに、何度も読んだが、また永ちゃんの自伝を最近ずっと読み直している。
 
きつい旅は、まだまだ続きますわ…
 

2018年10月4日木曜日

日々の暮らし

週末をねらって台風がやってくる。もちろん売り上げは確実にダウンするし、払わなアカンお金が山盛りあるから、どー考えても週末は雲ひとつない快晴になって欲しい。が、なぜか、俺もえー歳の大人やのにいまだに台風はワクワクする。これは一生治らんな。今回の25号は、俺の予想ではそんなに雨は降らないと思う。案外晴れるかも。
 
1枚目 先日、別館牡丹園の3代目が食べに来てくれた。素直で、研究熱心で、優しくて、素晴らしい料理人さん。親の教育の賜物やな。
 
2枚目 こないだの休日は、桂川の東急オアシスでガッツリ筋トレして、大好きな「居酒屋割烹 楽庵」さんで。この夏、大将が「ぜひ一度、祇園祭見に来てください」と、お誘いがあり、これは必ず行かないとアカンと2人で見に行き、その報告もかねて。楽庵さんの暖簾をくぐる理由の一つは、大将からエネルギーをいただき、我がの料理の感性にアクション入れ、京都の夕暮れや季節感を感じ、大好きな京都に触れたいから。一つどころか、四つもゆーてもたがな。
 
3枚目 富田林署の逃走犯が捕まったが、この風貌じゃ分からんわ。指名手配の写真からはかけ離れた健康的なオーラやないか。犯罪犯して留置所ぶち破った悪人には見えんわ。今朝の新聞読んだがお遍路にも行ってたらしい。まさかお遍路で改心したのか?留置所では脱出するために入念な準備をしていたらしい。もし、私に文才があれば話に色をつけて物語を作りたい。そういえば、フランスや南米あたりじゃ脱獄映画、人気ありそうやな。
 
4枚目 ノーベル賞のこの方が、阪神タイガースの監督の金本はもう変えないとアカンとコメント。よーわかってるわ。ノーベル賞受賞者が言うくらいやからその分析はガチで正しい。
 
5枚目 昨夜、シャッター下ろしてお腹空いてたから「もっこす」のラーメン行った。
 
もっこす行く時間はいつも同じやからもっこすで働いてはる人はいつものメンバー。そやから座ったらだいたいオーダー聞かんとラーメンが出てくる。それが嬉しい。それから俺のひざの調子聞きに来て世間話しておアイソして帰る。この時に、いつも思うんやけど、やはり飲食は「接客が一番」やと実感する。付かず離れずの接客。
 
もっこすは美味い!