2018年7月10日火曜日

夏の始まり

1枚目 もう何年この桔梗は咲くのだろう。梅雨の始まる頃に芽が鉢から起きてきて梅雨の終わり頃に花が咲き始める。花のつぼみは15個ほど持ち順番に咲き始め、最後の一つが咲き終わるのに1ヶ月間ほど桔梗の花を楽しむことになる。その間は毎朝お水をたっぷり与える。最後の花が咲き終わると桔梗も使命をやり終えたのか、気がつけば全てが枯れてしまい鉢の中は土だけになり、その鉢に、なにが咲いてたのか忘れてしまうのだ。そうなると、土しかない鉢に、当然お水を与えることはないから半年以上ほったらかしになる。ベランダに出しっぱなしの鉢。それが梅雨が始まると可愛く小さな芽が出てくる。何年も同じ繰り返し。出来ればもう少し背の高い桔梗になって欲しいと願う。桔梗は、花の清楚で日本らしい紫の品のある花だが驚くほど強い花なのだ。
 
2枚目 愛する竜が学校で絵を描いた。たまらないという言葉しかでてこない。たまらないのだ。もっとたくさん絵を描いて欲しい。たくさんの色を使って欲しい。
 
3枚目 先日の梅雨前線で営業を取りやめ須磨から塩屋まで歩いて帰ったその須磨、塩屋間の道中、山陽電車の線路に山崩れで線路が封鎖された。コリャあかんわ。
 
4枚目 須磨から歩いた。膝が痛いので歩きながら人を追い越すことは一度もなく、みなが僕を追い越した。仕方ない。で、塩屋に着くのに1時間ほどかかったからオシッコちぎれそうになった。そやからというわけではないが塩屋に着くと「食堂しろちゃん」に駆け込む。やれやれ、今日はせっかくやから時を忘れてゆっくりしよう。まずはキンキンに冷えたチューハイやね。しろちゃんは、心のふるさと。パパさんもママさんも「たいぞうくん」と、呼んでくれる。ホンマに嬉しいのだ。
 
5枚目 竜に、夏休みにクワガタムシ取りに行こうと言ったのを覚えているようだ。七夕の願い事は、虫がいっぱいとれますように。
 
もちろん僕も、虫がいっぱいとれますようにと神様にお願いしよう。
 
虫がいっぱいとれますように!

2018年7月3日火曜日

大好きな京都、先斗町…

先日、古い友人夫妻と京都の焼鳥屋さんに行ってきた。カウンター8席で場所はどこやろか…説明できへんのは僕が京都の地理がイマイチわからんから。東西南北がサッパリんからん。神戸の人間は山と海が北と南やから話が早いが、京都はどっちが北か南かサッパリや。俺的には八坂神社と祇園と先斗町と鴨川しかわからん。あの焼鳥屋はどこやろか?四条河原町からタクシーで700円。そんなとおない。  
 
この日はワールドカップのジャパンの初日の曇のち雨な夜やった。雨の京都の夜。焼鳥屋のガラス窓からはアスファルトが濡れてテールランプが路面をロマンチックに光らすのが見える。その窓からは暗い山が見え、橋が見える。このお店は2回目やけど店主のにいちゃんとは仲よーさせてもらってると勝手に自認しているから注文する言葉は「みんな好き嫌いなんかあらへんから、にいちゃんの好きなよーに焼いてください」とだけ伝えて後はお酒を頼むだけにした。ただ、肝とツクネの卵は入れといてくださいと。
 
この夜はお店はゆっくりで貸し切りやった。そやから、にいちゃんともたくさんお話し出来て、グラスの白ワインのピッチはサラサラ進み、まるで旅先の居酒屋で時を忘れて飲んでるよーや。しかし、ホンマに美味い!京都から神戸にかえる河原町の電車は10時半やから、バッキーさんの店にも行かなあかんから9時まえにタクシーに乗り「先斗町まで」
 
バッキーさん…
 
僕の大好きな先輩。バッキーさんは僕にとって憧れであり、アニキであり、飲食業の先輩であり、洒落の塊であり、筆の師匠であり、これは絶対意味がわからんと思うが、六波羅蜜寺の仏像みたいな人。京都大丸でバッキーさんの個展をやっていたから、この日は京都に来た理由の一つ。うまいこと、伝えられへんわ。
 
9時に、バッキーさんの先斗町の立ち飲み屋に到着したらワールドカップのジャパンの試合が始まった。
 
気がつけば、立ち飲み屋はジャパンの応援で大騒ぎや。常連のオッサンが、どこで買ったかわからんが「たこ焼き食べて応援や!」と、みんなにたこ焼き配ってたわ。
 
なんやねん、この立ち飲み屋は。
 
ハッピーに、生きたい。
 
みんなの、願いや。
 
ハッピーに。
 
お前のハッピーはなんやねん?