2017年3月31日金曜日

感謝

昨夜、年に4回ほど東京から来てくれる神戸出身の刑事コロンボ似のハーフの60くらいのお客さんが食べに来てくれた。
 
その刑事コロンボが、帰り際に「マスター、マスターにこれ。マスター、オーパスワン好きでしょ」と、ワインをプレゼントしてくれた。
 
オーパスワンは、前のお店でいちびってメニューにのせて売っていた。それを覚えていてくれてプレゼントしてくれた。2013は当たり年らしい。
 
オーパスワンをプレゼントしてくれるなんて、もう死ぬまでないやろう。生涯最初で最後のプレゼント。
 
宝物にするから、あと20年は開けないでおくことにする。それか、京都で餃子屋さんを開業してミシュランの星を取ったら開ける。
 
このオーパスワンと、なにかのドラマを作る。それが、刑事コロンボへの恩返しにすると。
 
ありがとうございます。
 
刑事コロンボへ。

2017年3月29日水曜日

淡路島

1枚目、前のお店のバイト嬢のナオミちゃんが遊びに来てくれた。ナオミちゃんは濃いめの南米のクォーターやからどの角度から見ても美しいが、いかんせん南米クォーターのせいやないけど性格もラテン系。ナオミが高3からの付き合いやから、親友みたいな感じやね。まあまあ頭カラッポ。あっさりしてるよ。
 
2.3枚目、昨日はパートナーと淡路島へ時間を忘れて何も考えず過ごそうと福良のホテルの日帰り温泉付きランチプラン3200円コースに行く。火曜日やからお客さん3組だけでホテルの温泉はノーゲスト。3時間、温泉サウナ露天風呂で過ごす。この3日ほど前から肩甲骨右が異常に痛い。パンパンに腫れて痛い。サウナの扉の端の手すりの角を利用して肩甲骨の腫れた筋肉をマッサージした。少しはましになるが一瞬で痛みがもどる。
 
4枚目、朝起きてもまだ痛い。パートナーが大森先生に見てもらい、と勧める。ブロック注射してもらったら一瞬で治るからと。で、大森整形に行った。大森先生は、ヒザだけでなく僕のいろんなケガを見てくれる1番の主治医。先生に志賀高原の滑りの動画を見せて回復ぶりをアピールして先生に感謝したら先生は「吉矢教授のおかげ」と言う。そんな大森先生の謙虚な姿勢が名医の証。ホンマやで。
 
ブロック注射二発で、肩の痛みは消えた。おそらくこのまま痛みは消えて行くだろう。
 
かかりつけの先生は、50をすぎると絶対に必要。医者をコロコロ変えてはいけない。その、巡り合わせの運命を大切に思う気持ちが大切やと思う。

2017年3月25日土曜日

食べる

1枚目、仕事が終わりバイトのトモと「もっこす本店」へラーメン食べに行く。彼も、もっこす大好きやしいつか一緒に食べに行こうと約束していたから、この夜はやっと実現した2人の「もっこす記念日」となる。チャーシュー麺半バラ硬麺。
 
3枚目、16歳の頃からのツレの健一が丸玉食堂行こうと誘われ20年ぶりに丸玉食堂へ行った。豚足食べようと健一ゆーたけど、じつは豚足苦手やねん。健一はディスコのDJから不動産に移り芦屋のナンバーワン不動産屋さんにのし上がり、今はタイで焼肉屋を二軒と牧場を持っている。渋い男よ。
 
4.5枚目、元町駅南、元町商店街スグソバの金時食堂で、周2のペースでカキフライ定食を食べている。カキが食べれなくなるまで金時食堂通いは続く。
 
カレーとぼっかけそばとカキフライとオムソバと天丼が大好きたが、1番はカキフライです。

2017年3月24日金曜日

居酒屋

先日の休みは京都の桂川のジム(東急オアシス)でパートナーと汗を流し京都の戦前からある居酒屋さんに行った。
 
京都の古い居酒屋と言うだけで行ってみたいと思うし、そのお料理もいただいてみたい。予約したらたまたま一席空いていた。なるほど…これは間違いないわ。
 
店内は、映画のセットのような内装と歴史を感じられるグッズに囲まれて「おーさすが京都やないか」お勧めはなんですか?
 
「のどぐろと筍と刺身です」
 
ほな、それいこ。
 
もちろん美味しかった。
 
けど、その居酒屋さんのお客さんには地元のおっさんが1人もいなく観光さんがキャリーバッグ3人組やチャイナや白人さんばかりでお店の方とカウンターでのやりとりがなかった。
 
それが悪いというのではないが、やっぱり居酒屋さんには地元のおっさんや遊び人やわけのわからん人が肩を張らんとカウンターごしに大将やバイトの女の子やベテランのスタッフやらと言葉のキャッチボールしているほうが時間を忘れ酒が進むというわけやと思う。料理も大切やけど、接客も大切やと再確認した。
 
美味しと感じるのは、いいねや点数では表せない。飲食店を数値で評価する大人は不思議やと僕は思う。微妙なコンマの判定はいったいなんやねんと。
 
あ〜飲食店は、難しいなぁ。

2017年3月23日木曜日

志賀高原

日にちが過ぎればブログもなんだか書きにくい。写真を見れば思い出すが筆がのらない。ただ志賀高原で過ごした二泊三日は最高に楽しかったと。宿の源泉掛け流しの熱々の温泉につかり、志賀高原のほぼ全てのコースをすべり、見知らぬ人と酒を交わしパウダー、ピステ、オフピステ、林間コースとあらゆる条件にめぐり合い大満喫しました。ドクターストップから奇跡の回復のランは、涙なんかありません。ゴーグルの中で笑いながら滑ってました。神に感謝しながら。
 
冬が大好きな仲間と冬を過ごす時間はたまりません。時間ごとに変化する山の景色や自然の恵みに感謝し、ロッジの暖炉を見ながら飲むビールは雪山での楽しみ。時間がたりません。
 
まだまだ志賀高原は雪がたくさん降っているようです。今すぐにでも行きたい。
 
もし、インスタをされているなら
 
gyoza.furuyaで検索してみてください。
 
ツイッターなら
 
餃子専門店古屋で検索してみてください。
 
下手ですが動画をアップしてます。
 
 

2017年3月13日月曜日

明日から

明日から今シーズンのラストラン、志賀高原へ滑りに行きます。
 
全てを忘れ、大好きな志賀高原の全コースを二泊三日かけて滑り、ゲレンデ内の温泉で体を癒し、とびきりのシャンパンを雪の中で冷やし、カービングとパウダーと林間を駆け抜けて、とにかく滑りまくります。
 
大森整形の先生、兵庫医大の吉矢教授、アルペンスノーボードの茶原コーチ、そしてパートナー。感謝しています。
 
大腿骨壊死からの復活のランなんです。
 
また報告します!

2017年3月5日日曜日

マグロと黒ラベル

仕事が終わり小腹が空く。
 
お店には麺や焼飯や餃子があるが、晩御飯に食べようとは思わない。それならと、お店の隣の立ち飲み屋でビールとマグロを週に3回ほどお世話になる。
 
立ち飲み屋でマグロと黒ラベルで1日の仕上げをするが、いつのまにこんなオッサンになったのかと思いながら粉わさびを醤油に溶かす。
 
人生も商売も明日の天気も僕自身も、ホンマにわからん。
 
なにが正解かわからん。
 
なにがホンマの優しさか、なにがホンマのかっこよさも、50になってもわからんことだらけ。
 
たどり着いたら、こんな所に立っている。

2017年3月3日金曜日

ジャッキー

14歳のジャッキーが急に歩けなくなり初めてお漏らしをした。もう死んでまう空気満開。無理やり車に乗せジェームズ山動物病院へ連れて行った。
 
ジェームズ山動物病院は、名前のイメージ通りの小綺麗な動物病院で優しい女医のマダムがやられている。少し高いと評判らしいが私は男より女好きやから、たとえおばさんでも女医を選ぶ。
 
結局ジャッキーは単なるギックリ腰で鎮痛剤と念のため血液検査も話の流れでしてもらい2万。女医さんは、大型犬はこれから老いていくとどんどんお金がかかりますよ。しっかり働いてくださいと、女医さんに励まされました。
 
ジャッキーを車に乗せ帰宅して仕事に行き深夜帰るとソファで寝ていた。3日前ならソファに乗る力もなくフローリングの床で震えながら寝ていたのに。オシッコだけの散歩した。ご飯もペロリとお皿をピカピカに仕上げた。
 
今朝、散歩させたら普通に以前と同じ歩き方に戻った。
 
結局、2万払った瞬間から元気になったのだ。
 
うーん。なんじゃ、こいつ。
 
今日は3組の予約あるから一安心。
 
昼ごはんに、元町駅南の金時食堂でカキフライ定食720円をいただきジムでストレッチと軽めの筋トレしてサウナでサッパリさせ、頑張るとするか。