2016年10月26日水曜日

京都木屋町

50の記念に少し贅沢をしたい。
 
京都の先輩バッキーさんが和食ならと木屋町にある「割烹やました」さんを紹介してくれた。久しぶりにカウンターで食事した。美人はんもおー喜びや。
 
さすが京都の割烹。カウンターに並ぶ食材から大将を頭とし、その下、またその下と席からキビキビ働く職人さんたちの流れる作業が気持ちいい。また大将が男前の鼻がデカイ色男。あーなりたいと思うオーラが艶に包まれている。背伸びしている僕。まあ、えーわ。背伸びしていたらいつかそうなると願おう。しかし京都はえーなぁ。こんな本流のお店があるんやからなぁ。
 
それからバッキーさんにお礼を言いに行く。
 
バッキーさんのお店も艶満開。居酒屋「百練」
 
満席で次から次へと「空いてる?」と、お客さんがやってくる。それでもバッキーさんは、バタバタせず丁寧にお料理されていた。僕も忙しくてバタバタするの止めようと昨夜誓う。
 
飲みながら、もし京都で餃子屋するなら…と、そのお店の内装や外装を空想した。
 
かっこえー先輩を見ると少しでも近づきたい。
 
女もえーが、やっぱりかっこえー男の魅力にはかなわんわ。
 
 

2016年10月24日月曜日

50歳

つい、こないだ50の誕生日をむかえました。
 
反省しかないね。正直、あまり嬉しくなかったね。自分に対する怒り、未完成な経営、ダメダメ。たぶん50歳の入国審査なら追い出されるわ。やり直せって。でも、50歳の国で活躍したいから頑張る。目標はしっかりあるからそれにターゲットしぼり、駒を進めると。もう少し根性入れんとあかんわ。
 
そんな、僕を祝ってくれる仲間もいます。
 
料理上手な美人さんが、元気付けてくれました。もっと頑張らなダメですよ、と。あなたなら出来ますよ、と。
 
寺夫妻がサプライズでケーキと本をたくさんくれました。
 
僕の50の誕生日は、もう一軒お店が出来た日。
 
それまでは、いいスタッフに出会えるよう頑張る次第です。
 
とにかく胸を張って歩いていこう!
 

2016年10月23日日曜日

同級生

昨夜、同い年の同級生と飲んだ。
 
酒をツレと時間を忘れて飲む。
ウイスキーを飲んだ。
 
あかん、話した内容の半分しか記憶ないわ。
 
そやけど、今朝起きて酒が残った感覚が気持ちいい。
 
ジムのサウナでごっそり汗出してもまだ浮いた感じや。
 
女と飲む酒は甘いがツレと飲む酒は味がない。
 
それは、酒よりお前がオモロイからや。
 
さあ、飲むぞ!
 
そんな夜やった。
 
次は東京で、飲もう!

2016年10月21日金曜日

平尾さん

今朝の新聞で平尾さんが亡くなった記事を読んだ。ラグビーのルールも知らんけど平尾さんは男前で神戸製鋼でラグビーの第一人者で1度鮨屋さんで隣になった事があるくらいやけど、朝から心が重い。
 
それは53という若い年齢で家族を残し、志半ばで死んでいくことを自覚していた平尾さんの気持ちを思うと複雑になる。たとえ人の何倍も苦楽を体験したと周りが言っても本人は病を恨んだところで、病はどんどん進んでいく。
 
つらいわ。
 
昨日、ジュンク堂で百田の本を買った。メンタルが弱い人向けの本。
 
だから、買った。
 
メンタル、強くなりたい。
 

2016年10月16日日曜日

祭りと読書の秋

地元、塩屋には小さなだんじりが一台あり漁師の子やヤンキーの10台の青年が一生懸命かついでいる。隣の垂水の海神社が総本山。そこがメジャーやからこっちはマイナーリーグやけど、こうやって年寄りの浴衣姿見ると「だんじりは、えーなぁ」と、感じる。まぁ僕は見てるだけやけどね。
 
先日、元町駅西口横断歩道渡ってスグの四興楼へ初めて入ってラーメンと炒飯を頂いた。ほんなら驚いたことに厨房から「お兄ちゃん!久しぶり」と、でかいおっさんが出て来て挨拶しに来たのは昔、元町5丁目北にあった大衆中華「チャイナボーイ」の大将やないか!今はもうないけどチャイナボーイはマジで完成された大衆中華でなに食べても美味かって特にラーメンと中華丼ばかり食べていた。あっさりした醤油ラーメンとドカンと濃い味の口の皮が熱すぎてめくれる中華丼。そうや、奥さんの実家が四興桜やったわ。そやから引退されて四興桜で鍋ふってはるねんな。大将とはいつも競馬の予想の話してたわ。久しぶりに会えて嬉しかった。
 
4枚目、水曜日の昼ごはんに王将で餃子と焼飯。もちろん自己啓発のため。
 
5枚目、読書の秋。このところ元初代ミーツ編集長の江さんと、京都のパッキー井上さんの本をずっと読んでいる。江さんもパッキー井上さんも大好きな街の達人。僕が間違えて悩みブルーになっり、道にそれて、どこをどう歩いたらえーんやろ?な時に素敵なフレーズを差し出してくれる本たち。
 
僕には先輩がいないけど、本から、フレーズから教えてもらえる。だから、本はいいよ。

2016年10月12日水曜日

古屋泰三と仲間たち

先週の火曜日、僕の家で小さなハウスパーティをした。ワインやビールやアテをみんな持ち寄りで、昼すぎから時間はテキトーに集まると。
 
メンバーは、本当に気を使わない楽な集まりやから、会話も笑顔も笑いのレベルも同じラインやから、ワイワイも自然なワイワイとなるわ。
 
寺と僕以外は美魔女。美魔女は美味いモン好きやからアテがシャープ。そんな時は白ワインが進むわ。夏の日差しと違い、秋の静かな乾いた日差しがテラスを包む。午後の2時が止まったまま時間が過ぎていく。しかも美魔女やから笑い声が元気いい。
 
気がつけば日が沈んでいた。
 
今夜は早めの解散。
 
寺とけいちゃんと、久しぶりに「食堂しろちゃん」に行った。寺が、たまにはしろちゃんに顔出さなあかんで、と。とある理由で行きにくかったから嬉しかった。
 
しろちゃんの大将が「お元気そうで」と。なんやホッとした。
 
久しぶりの、しろちゃんのカツはたまらんビールと合うわ。
 
また、みんなで集まろう!出来れば年内に1発な!
 
 

2016年10月8日土曜日

スナック

久しぶりにスナックではじけたわ。
 
スナックのママさんのオッパイはち切れそうで笑顔がキュートでアンルイスの六本木心中歌ってグラス割ってランナウェイ熱唱してセブンスター吸って工事現場で安全コーンかぶり記念撮影してタクシーで晩の4時に帰りました。
 

2016年10月6日木曜日

クーラーをつけている秋

久しぶりにブルースカイと太陽を見た。やっぱり晴れた空は気持ちいい。でも、また週末はダメみたいやね。
 
昨夜、お客さんから素敵なお話を聞いた。
 
簡単に言うとそのお客さんは設計士で海洋大学を卒業され三井物産に就職し大きな貨物船で働いていたが設計の仕事をしたくなり会社を辞め大学へ行き設計の勉強をされ設計士の仕事へ転職した少し変わった人。
 
その設計士さんと暖簾をしまってから最終電車までお話した。僕はサラリーマンとは違い他業種の方や知らない人とお仕事する機会がない。つい自分の殻の中で生きてしまいがちなのだ。中には意固地になり「自分が正しい」となってしまう危険性があるのだ。
 
設計士さんは、公共施設専門の設計士。市庁舎、学校、幼稚園などが専門。神戸市関連の仕事が多いが神戸市の役人は閉鎖的で冒険せずつまらない連中がほとんどや。から始まり、いろんな話をした。某小学校の設計のコンペで勝ち取り役人と話しを進め彼が提案した設計に難色を出し始めた。そしたら彼はこう言った。
 
「あなたたちは、網走刑務所みたいな学校を作りたいのですね。まっすぐな廊下に並んだ教室。なんの遊びのない階段や校庭。子供が大好きな学校を今から作ろうとしているんですよ」
 
そんな彼は今、知的障害と普通の小学生が一つ屋根の下で過ごす学校を作り始めた。丸い広場を作り真ん中に台を作りその周りのぐるりにガラスを張りその台に園児が立つと日時計になる保育園を作った。それは貨物船で大海原で三井物産時代に太平洋で星と太陽で現在地を把握した経験を生かしたアイデアからだ。危険と反対された二階建ての保育園を作り広いテラスを作り子供に高い危険性を教えた。そしたらそのテラスから園児みんなが顔を出した写真を保育園から送られて涙した話。遊び心って大切だと学んだよ。
 
生き生きしていた。
 
気がつけば最終電車寸前。
 
あわてて電車に飛び乗りました。

2016年10月3日月曜日

明日は休みです

一週間が終わる。
 
9月は、あかなんだなぁ。月計出す前からアカンの分かっていたけどホンマに、なぁ。
 
月の売り上げが、あかなんだら陽気にプラス思考には僕はならへん。悪い要素をいろいろ並べるんや。悪い理由をな。これはしっかり目を向けなあかんからなぁ。でも最後は自分のセンスだけが命の綱やから。そのセンスとは?
 
それが、僕はイマイチ線が細いのがマイナスやねんなぁ…
 
でも、アカンはアカンなりにいろんな事を考えられるし、餃子専門店古屋のこれからの事を考えて、な。それにパワーもらえる友人が遊びに来てくれるし。10月、誕生日もあるし頑張ろうと。
 
明日は我が家で台風感じながらワインを飲む会。
 
 

2016年10月1日土曜日

ニューヨークの友達

梅雨の終わりの頃だと思う。JRで出勤する電車の隣にハーフの男の子とR&Bでも歌いそうなお母さんが隣に座った。そのハーフの男の子は3歳くらいやのに自分の意見をはっきりお母さんに伝えて、お母さんも子ども扱いしないでお話ししていた。僕にもそのハーフと同じくらいの男の子がいるから、そのお母さんの教育ぶりを見ていて、つい「しっかりしたお子さんですね」から会話が弾み、よく聞くとニューヨークから里帰りで実家に帰っていますと。
 
僕も昔ニューヨークに住んでいたんですよ。
 
私はもう20年になりました。
 
トランプはどこまでいくと思います?
 
案外トランプの支持者が多いんですけど、もし当選したらアメリカは大変な事になるでしょう。
 
僕、元町で餃子屋してるから帰る前にぜひ遊びに来てください!
 
と、名刺を渡した。
 
僕はその事をすっかり忘れてた。そしたら、昨夜そのお母さんが来てくれました。
 
台湾と中国人の3世連れて。なんか、かっこえーね。
 
話しかけて良かった。