2015年10月31日土曜日

陶芸

夏の終わりに丹波の今田町別に陶芸をしに行って、窯から作品が焼きあがりましたと連絡があり取りに行った。
 
焼きあがりのカラーは窯次第で、完成してからのお楽しみ。僕は餃子3人前乗せれる形にし、それ以外にもお造りやお肉など乗せれるのをイメージし、コーヒーカップも。
 
よく芸能人や経営者が陶芸にはまってるのを聞くが、理解できるわ。無心に時を忘れコネコネする。
 
完成した作品たちは、うん!予想以上やね。
 
でも、人生初の作品なんで簡単には使えないわ。
 
春先に、桜が咲く頃、また陶芸しに行きたい。

2015年10月29日木曜日

中村耕一さん

11月10日、11月11日に元JWARKの中村さんがソロライブを開催します
 
10日の古屋では、完売。11日のflat fiveはまだ空席がございます
 
連絡先は09039292337 森さんまで!

2015年10月28日水曜日

登山

誘われて軽く近くの山を登ったら、はまってしまい毎日登山をしている。
 
旗振山って名前。江戸時代〜明治に米相場の値を旗で岡山まで知らせたのが由来の山。家から山頂のお茶屋まで40分、下山して家まで30分。だいたい90分やね。もちろんワンコもトレーニングや。年寄りやから足腰鍛えるメリットも込みで。5日連続で決まった時間で登ると出会う方も同じや。85のじいさんとは毎日出会い、ワンコに「ジャッキーおはよー」と。なんだか嬉しいね。たった90分やのに、最高に気持ちいい。腰痛は軽減されるわ、不思議と家は毎日掃除機あてるわ、朝食は美味いわ、ダイエットにもなるわ、ゆーことあらへん。
 
二枚目、そしたら土曜日の朝、山頂のお茶屋でうちの税理士事務所の兄ちゃんと出会う。兄ちゃんは、本気の格闘家でもある。趣味で見知らぬファイターと戦うのが大好きだ。街の道場へ出向き、そこの格闘家と戦い、テクニックを上げて試合に向かうとのこと。中には試合こそ出ないが60過ぎのおっちゃんも経験なしで始め、今ではソコソコ出来るらしい。きっかけは大腿骨に人口関節入れてリハビリから始めたという。スポーツは偉大や。
 
三枚目、休みの火曜はママ友と六甲山アスレチックで遊び帰りに神戸空港でお茶した。
 
四枚目、竜君が一枚写真を撮ってくれた。なかなかのアングルのバランス。偶然やけどな。
 
五枚目、美魔女を通り越し、岸恵子に会いたい。あの可愛い声が聞きたい。女子力を学びたい。男にはなにが1番かを聞きたい。キス出来る。舌は入れない。あの声は…
 
とにかく、頑張ろう。
 
もう一歩、前に進まないと。
 
 

2015年10月22日木曜日

旗振山

こないだの休日明けの朝、近くの旗振山にプチ登山した。
 
あまりにも気持ち良く今朝も登山した。
 
往復90分やね。山登りにはいろんな効果があるわ。有酸素運動により眠っていた身体が目を覚まし血流が活発になるわ、ヒザの筋肉つくわ、見知らぬ人と挨拶できるわ、山頂から雄大な景色を見れるわ、たまらんわ。
 
早起きして、90分を登山に使いたいわ。ジャッキーの足腰にもいいしな。

2015年10月20日火曜日

火曜の朝

一枚目、先日ふらっと入られたスペインからのレディが日本語しゃべれなく、ネギ餃子の写真を指さし注文する。英語はなんとなくしゃべれるから英語で会話する。明後日バイバイジャパン。で、旅立つ前日にネギ餃子を食べにきてくれた。1番デリシャスやった、ジャパンでと。
バルセロナから。アディオス!グラシアス!
 
二枚目、スペインのおばちゃん、このネギたまらんやと。
 
三枚目、小学校の習字仲間が本物の競馬予想師。次の日曜のサンケイスポーツのこれ、注目やで。マイネル軍団の馬主の岡田さんのコラム、このまま買いでもアリやで。とにかく当てるからと。
 
四枚目、ベランダで目覚めのコーヒーは美味い。マキネッタ歴30年。松田優作が探偵物語で飲んでるシーンを見て以来。
 
ブラジル音楽を聴きながら、コーヒーを飲む。
 
こんな感性を大切にしたい。

2015年10月17日土曜日

49

昨日で49になった。FBにたくさんメールがきて「誕生日やねんな」と感じたが数通はほとんど知らない人から丁寧にシャンパンタワーの写真や豪華なケーキの写真まで添付したメールがあった。
 
昨夜はその自分の誕生日を忘れて仕事してて、ツレの寺がお店に来ていてたわいのない話をしていて、それから相席していた福岡から出張に大丸に来ていためっちゃエロくてクチビルピカピカに濡れた口紅していた美容部員ちゃんとギリギリエロいトークをしていたついでに年齢の話題になり「20歳以上離れた男性とは恋愛対象になるか?」なんて話してたら「あっ俺今日誕生日やわ」と自身の誕生日を思い出たというわけや。
 
で、クチビルピカピカエロ美容部員ちゃんがかえった瞬間、寺が「一本抜きますわ」と、シャンパンを開けてくれた。
 
で、寺は帰る際に財布から万札一枚ポンと置き、そのまま帰った。
 
お前、どこでこんなカッコええ遊びおぼえてん?

2015年10月16日金曜日

秋晴れ

昨夜はなぜか木曜にしては忙しく、いいオーラを出していた。外からお店を見た通行人は、この店流行っているなと感じるだろう。まさか支払いに困っているとは思わないだろう。それはいい事。いつか本当に支払いに困らなくなる。
 
よね。
 
一枚目、夏にはホット珈琲は飲まない。セーターを羽織る気温になってきた。数日前から毎朝珈琲を沸かし新聞をテラスで読む。俺の場合、新聞を読んでも全く記憶に何一つ脳裏に残らない。
 
二枚目、塩屋から須磨への車窓。快晴だとなぜか一枚撮りたくなる。パシャっと音が車内に響く。誰かに叱られそうになるから、わざと堂々と振る舞う。
 
三枚目、お店に着くと一風堂に100人以上並んでいた。300杯無料で振る舞うイベントをしているから。富裕層は1人も見当たらない。案の定301杯目のおじさんがバイトの若いおとなしい女の子にひつこくつめよっていた。最近の若い者は…は、このオッサンには言えない。
 
四枚目、野菜炒めの中には鶏肉100g入っている。サンマは毎日のように食べている。片栗粉をまぶし低温でゆっくりとパリパリに仕上げる。オリーブオイルでフライパンで。納豆に赤だしの味噌汁。発酵食品を意識して。腸内環境を整え魚と鶏肉でたんぱく質を摂る。
 
五枚目、ヒザの病気以来魚の骨まで食べるようになった。頭もいく。魚の骨にも脂があるのも知った。頭もたくさん脂がある。美味しくはないし、これでカルシウムを摂取したとは言えない。壊死に効くわけがない。それでもバリバリ食べるのだ。もちろんヒザの骨の回復を願い。
 
 

2015年10月12日月曜日

神戸新聞

今朝の神戸新聞から。
 
1枚目、どうして安倍は出来ないことをぬけぬけとしゃべる事が出来るのだろうか?どうして彼を支持する自民党の議員は安倍に注意しないのか?どうして彼に愛想をつかないのか?出来ないことを言っていることに不思議だとは思わないのか?私の選挙区から当選した関は安倍を正しいと胸を張って自慢してるか理解出来ない。安倍の声の軽さが受け付けられない。
 
二枚目、私にはこのピラミッドの意義が全く解らない。骨折までしてしまう危険性。傷害罪ではないか。もし竜望が骨折したら俺は担任の先生の腕を骨折さす。先生達は無責任だと感じるのは私だけだろうか?
 
 

2015年10月9日金曜日

今夜は頼むで!

一枚目、ワンコの散歩で海岸沿いを毎朝8時に歩く。夏であろうが秋であろうが、春であろうが気持ちいい。冬は暗いし寒いしツマラナイ。
 
二枚目、お気に入りの帽子が歪んできたから専属のクリーニング屋さんに。俺は吉野家元町店以外チェーン店は利用しない。こんな感じの個人商店のテクニックに感動する。
 
三枚目、元町駅南側の吉野家から少し東へ歩いた二階に友達の淡路島の魚だけの居酒屋に昨夜仕事が終わりビール一本飲みに行く。地元塩屋仲間。この淡路島の魚専門居酒屋の生簀は塩屋漁港。淡路島の魚を漁港で活かしピチピチを元町へ毎日持って行く。
 
4枚目、どや!本気やぞ!
 
5枚目、出勤前に塩屋駅前の魚屋でイワシ一匹買い片栗粉まぶしてフライパンでグリルして朝ご飯をお店のテラスで頂く。
 
その前にジムでトレーニングとサウナしてサッパリさせて、男前に仕上げお客さんを迎えよう。

2015年10月7日水曜日

無題

1枚目、高校時代からの、スーパーお洒落な元SOSのモデルの女友達から「今朝、新開地の50年前からそのまま残ってる喫茶店でモーニングしてるねんけど、めっちゃ渋いじいちゃんが珈琲飲んでる」と、1枚写真送ってきた。アングルもカラーもじいちゃんから醸し出す空気感がヤバイ。イタリアのマフィアのジジイにも見えるし、昔の相場師にも見えるし、俳人にも見える。ただ、このじいちゃんは今のご時世を見てどう感じているのか知りたい。どんな人生を歩いたか聞きたい。
 
二枚目、ついに出ました!ヤクザの情報誌「実話時代」待っとったんや。山口組分裂後、初の出版や。編集部も近年にない緊迫した、そしてこれ以上ない激動のビックニュースや。これを越すニュースとなると6代目の暗殺しかない。
まさに、戦国時代や。信長が明智光秀に殺られたのと同じ。しかも本家から出て行ったのが山口組の本筋の山健と宅見。それに、関東の稲川と住吉会がどうするか。ただ、出て行ったほうが劣勢かもな。ただ、このヤクザ情報誌が一部上場のローソンで売っている。売れてんねんな。みんなヤクザ大好き。イタリアにはマフィア情報誌はあるのだろうか?あるならぜひ入手したい。お店のトイレに飾る。
 
三枚目、志賀高原の横手山に初冠雪。
 
大好きな冬が、すぐそこ。この冬は暖冬との予報。俺はそんなことはないと思う。

2015年10月5日月曜日

淡路島

こないだの連休明けに淡路島へ。
 
淡路島は車ですぐやね。トンネルを抜けて明石大橋へライドオンすると海に浮かぶタンカーも小さく見え止まっているように見える。
 
ランチを探しに淡路島へと。知らないお店に行って刺激やヒントを得るのだ。
 
連休明けで、どこもクローズやったがやっと空いてたレストランへ決まった。予約制と雑誌に書いてあったが電話したら大丈夫だと返信をもらいナビで探したが、あれはナビないと無理なロケーション。にもかかわらず満席や。
 
どう説明していいかわからないけど淡路島の地元産にこだわり、淡路牛と淡路豚やシーフードのランチチョイス。
 
この値段設定で儲かるんかぁ?ゆーくらい満足感満載のお料理。農家の一軒家をそのまま利用したお店は懐かしさを五感で感じられる空間で、こんなロケーションでお料理出来るなんて羨ましいわ。
 
精算の時、少し店主さんとお話し出来た。
 
さわやかな青年。淡路島育ち。
 
仲良しになり、玉ねぎもくれた。
 
知らない料理人さんとお友達になる喜びを大切にしたい。こっちも恥ずかしくないと料理をしないと、と、これまた学びやね。それがデカイ。
 
それから海沿いのカフェで時間を忘れた。
 
自分で、かっこいいと思う事が大切だ。